日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > ヴァンゆん炎上、シバターの美学
YouTubeウォッチ!

美男美女YouTuberに批判殺到、シバターが朝倉未来に瞬殺……YouTuberも楽じゃない?

文=ニック

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集者が、ここ最近起こったYouTube関連の出来事について語るコーナーです。

美男美女YouTuber・ヴァンゆんが『有吉反省会』出演で炎上!

YouTubeライター・KJ(以下、KJ) トクちゃんは、「ヴァンゆん」ってYouTuber知ってる?

新米編集者・トクちゃん(以下、トクちゃん) あ~、最近たまにバラエティ出てますよね。美男美女で、カップルのようでカップルじゃない……みたいな触れ込みで。

KJ そうそう。そのヴァンゆんが、ちょっと前に炎上騒動起こしたんだよね。

トクちゃん にゃんこスターみたいに、実は付き合ってたとか?

KJ 違う違う。11月30日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演した際、「今まで動画の編集は自分たちでやってるってアピールしてたけど、実は友人に代行させてた」って告白したんだよね。

トクちゃん まぁ、ウソついてたわけですから、ファンは当然怒りますよね。

KJ 友人2人が徹夜で編集作業してる横で、ヴァンビがベッドに寝っ転がりながらスマホゲームしてたり、自分たちは1カ月で高級車2~3台買えるくらいもうけてるのに、友人を薄給でこき使っているかのようなシーンもあってさ。

トクちゃん それはひどい!

KJ てことで、その火消しのため釈明動画をYouTubeにアップしたんだけど、友人に編集アシスタントを任せることは、1年前くらいから動画で告知していたと。で、その友人に本格的に編集を任せるようになったのは、テレビ仕事が忙しくなった今年9月からって説明してたんだ。

トクちゃん つまり、編集を他人に任せるようになったのは最近で、それまではしっかり自分でやっていたと。

KJ そういうこと。9月ってちょうど、ヴァンゆんがそれまで所属してた大手YouTuber事務所・UUUMを辞めて、太田プロに移籍したタイミングなんだよね。元アイドルのゆんは昔から芸能界への憧れがあって、それにヴァンビも乗っかったってわけ。でも、YouTuberとテレビタレントとの両立は大変だったみたいで。

トクちゃん それで、動画の編集を友人に任せることにしたと。

KJ そう。ヴァンビとしては「いずれは自分の後継者に」と思って編集を友人に教え込んでたみたい。だから、1動画あたり2~3時間、多い時で5~6時間、付きっきりでマンツーマン指導してたって、釈明動画では言ってたなぁ。

トクちゃん それ、一人で編集するより、むしろ手間じゃないですか……。

KJ そうなんだよね。ヴァンビは「いまだに僕に休みは1日もないです」って言ってたし。

トクちゃん 「ベッドに寝っ転がりながらスマホゲーム」は、番組用だったんですかね。

KJ だよね~。あと、「友人を安月給でこき使ってる疑惑」については、その友人が動画に実際に登場して「手取り25万円で、この金額で十分納得してる」って告白してたね。

トクちゃん マンツーマン指導付きで手取り25万なら、まぁ良心的ですよね。でも、こんな釈明動画出しちゃったら、逆に『有吉反省会』が叩かれません? 過剰演出だって。

KJ うん。だから動画のコメント欄は若干荒れ気味(笑)。

トクちゃん でしょうね(笑)。

KJ でもそこは、「番組の趣旨をわかって出演を快諾したから、番組は一切悪くない」「僕らの説明不足だった」って、自分たちの責任だとファンに謝ってるんだよね。

トクちゃん 責任をすべて自分たちがかぶるなんて、見上げた心意気じゃないですか。

KJ YouTuberとしては大物のヴァンゆんも、芸能タレントとしてはデビューしたての新人だし、スタッフの言いなりになってる面もあるのかもね。

トクちゃん 確かに。しかも、事務所の大先輩・有吉がMCを務めてる『有吉反省会』なら、なおさら断るなんて選択肢はあり得ないですもんね……。

KJ うん。だからこそ、そこは太田プロサイドがうまく配慮してテレビ仕事を精査するべきなんだろうけど、大手芸能プロとはいえ、すでに売れてる状態のYouTuberをタレントとして抱えるなんて前代未聞だから、試行錯誤してるんだろうね、きっと。

123

美男美女YouTuberに批判殺到、シバターが朝倉未来に瞬殺……YouTuberも楽じゃない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

小池百合子「勝因はコロナ」

今週の注目記事・第1位「熱愛スクープ― 綾瀬...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真