日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > アンタッチャブルにオファー殺到

チュートリアルの穴埋めに⁉ アンタッチャブル復活で民放テレビ各局からオファー殺到

文=日刊サイゾー

プロダクション人力舎公式サイトより

 年末年始、チュートリアルが出演するはずだった仕事は、あのコンビが根こそぎ奪っていきそうだ。

 10月下旬に、東京国税局から1億3,800万円の無申告と所得隠しを指摘されていたことが発覚したチュートリアル・徳井義実。ルックスよし、下ネタもいける貴重な愛されキャラだけに、本来なら年末年始の特番に引っ張りだことなっていたはずだ。

「各局ともこの2カ月、“ポスト徳井”“チュートリアルの穴埋め”に奔走してきましたが、いまだにこれといった代役は見つかっていない状況です。ひとまず若手でつなごうとしていますが、やはり人気、知名度でパンチがないのが悩みです」(バラエティ番組スタッフ)

 そんな中、突如“救世主”が現れた。12月8日に放送された『THE MANZAI 2019 マスターズ』(フジテレビ系)で10年ぶりにステージで漫才を披露したアンタッチャブルだ。

「同番組の平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でしたが、彼らの出演場面は瞬間最高視聴率となる16.5%にまで跳ね上がりました。アンタッチャブルは『THE MANZAI』に先駆けて、11月29日放送の『全力!脱力タイムズ』(同)で復活。仕掛け人は番組MCのくりぃむしちゅー・有田哲平でした。女性スキャンダルで自滅した柴田英嗣に愛想を尽かしていたザキヤマ(山崎弘也)は最初、コンビ復活を嫌がっていたといいますが、プライベートで仲のいい有田からの説得で渋々引き受けた形に。しかし、あまりの大反響に今ではすっかり気を良くしています。すでにフジテレビだけでなく、日テレ、TBS、テレ朝からは所属のプロダクション人力舎にコンビでの出演依頼が殺到している状況です」(芸能関係者)

 2020年は再び、アンタッチャブルの時代がくーるー?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/14 10:00

チュートリアルの穴埋めに⁉ アンタッチャブル復活で民放テレビ各局からオファー殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真