日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Hey!Say!JUMPは令和で終了?

Hey!Say!JUMPは令和になって終わった!? 来年結果を出さないと“ヤバすぎる”状況に?

文=日刊サイゾー

Hey! Say! JUMP

 今年は平成が終わり、令和が始まった1年だったが、ジャニーズ事務所によるHey!Say!JUMPのプッシュもひっそりと終焉を迎えたという。

 2007年にデビューしたHey!Say!JUMPは、当時から押しも押されもせぬトップアイドルそのものだったが、メンバー個人の知名度は今ひとつだった。しかし、積極的なバラ売りとともに猛プッシュが始まったのは、2013年のTBS系ドラマ『半沢直樹』に中島裕翔が出演したあたりからだ。

 14年には有岡大貴と八乙女光が『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のレギュラーとなり、15年には初冠番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)がレギュラー化。同年には『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティを務め、年末には『Yahoo!検索大賞 2015』のアイドル部門賞を受賞するなど、まさにアイドル界のトップに立つこととなった。さらに16年には伊野尾慧が『めざましテレビ』(フジテレビ系)の曜日レギュラー就任という動きも。そして、17年には念願の『NHK紅白歌合戦』初出場も果たした。

「13年から17年くらいにかけて、ジャニーズ事務所はとにかくHey!Say!JUMPをゴリ押ししていました。“第2の嵐”にしようとして、ドラマ、バラエティだけでなく、まさかの情報番組にまでブチ込んできたのは驚いたものです。でも、当時の業界内の反応としては、『グループは知ってるけどメンバーはよく知らない』『本当に人気があるの?』という感じでした」(テレビ局関係者)

 そんなHey!Say!JUMPのゴリ押しは、昨年くらいから一気にトーンダウンしているという。

「18年5月にデビューしたKing&Princeがブレイクしたことで、完全に風向きは変わりましたね。ジャニーズ事務所はキンプリをプッシュするし、局側もキンプリにオファーをするということが増えた。そもそもジャニーズのゴリ押しで番組に出ることが多かったHey!Say!JUMPの出番は激減しました」(同)

 そういった事務所内での動きだけでなく、メンバーたちの私生活もまたHey! Say! JUMP凋落の一因となっている。


12

Hey!Say!JUMPは令和になって終わった!? 来年結果を出さないと“ヤバすぎる”状況に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

Mr.都市伝説・関暁夫が熱弁!

 累計300万部を突破した大人気シリーズ「Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説」の最新作...
写真