日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Hey!Say!JUMPは令和で終了?

Hey!Say!JUMPは令和になって終わった!? 来年結果を出さないと“ヤバすぎる”状況に?

文=日刊サイゾー

Hey! Say! JUMP

 今年は平成が終わり、令和が始まった1年だったが、ジャニーズ事務所によるHey!Say!JUMPのプッシュもひっそりと終焉を迎えたという。

 2007年にデビューしたHey!Say!JUMPは、当時から押しも押されもせぬトップアイドルそのものだったが、メンバー個人の知名度は今ひとつだった。しかし、積極的なバラ売りとともに猛プッシュが始まったのは、2013年のTBS系ドラマ『半沢直樹』に中島裕翔が出演したあたりからだ。

 14年には有岡大貴と八乙女光が『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のレギュラーとなり、15年には初冠番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)がレギュラー化。同年には『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティを務め、年末には『Yahoo!検索大賞 2015』のアイドル部門賞を受賞するなど、まさにアイドル界のトップに立つこととなった。さらに16年には伊野尾慧が『めざましテレビ』(フジテレビ系)の曜日レギュラー就任という動きも。そして、17年には念願の『NHK紅白歌合戦』初出場も果たした。

「13年から17年くらいにかけて、ジャニーズ事務所はとにかくHey!Say!JUMPをゴリ押ししていました。“第2の嵐”にしようとして、ドラマ、バラエティだけでなく、まさかの情報番組にまでブチ込んできたのは驚いたものです。でも、当時の業界内の反応としては、『グループは知ってるけどメンバーはよく知らない』『本当に人気があるの?』という感じでした」(テレビ局関係者)

 そんなHey!Say!JUMPのゴリ押しは、昨年くらいから一気にトーンダウンしているという。

「18年5月にデビューしたKing&Princeがブレイクしたことで、完全に風向きは変わりましたね。ジャニーズ事務所はキンプリをプッシュするし、局側もキンプリにオファーをするということが増えた。そもそもジャニーズのゴリ押しで番組に出ることが多かったHey!Say!JUMPの出番は激減しました」(同)

 そういった事務所内での動きだけでなく、メンバーたちの私生活もまたHey! Say! JUMP凋落の一因となっている。


12

Hey!Say!JUMPは令和になって終わった!? 来年結果を出さないと“ヤバすぎる”状況に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

渋沢栄一と岩崎弥太郎「料亭事件」の真相

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真