日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Hey!Say!JUMPは令和で終了?

Hey!Say!JUMPは令和になって終わった!? 来年結果を出さないと“ヤバすぎる”状況に?

文=日刊サイゾー

「ゴリ押し期間中に、中島裕翔、伊野尾慧、有岡大貴、山田涼介らメンバーたちの熱愛報道が続けざまに出て、スキャンダラスなイメージが付いたということもあります。ジャニーズ的にも、私生活が乱れているグループではなく、そうではない新人グループの方をプッシュするのは当然ですよね」(音楽業界関係者)

 さらに、ファンのマナーの悪化もまた、Hey!Say!JUMPの活動に水を差している。

「一部のファンによる、駅構内でのメンバー待ち伏せや、追いかけての写真撮影などといった悪質行為が連続。何度も注意しても改善されないということで、コンサートツアーの開催が見送られてしまった。ファンがこんな感じだと炎上のリスクもあるんじゃないかって、メディア側も起用を躊躇してしまうと思います」(同)

 今年はかろうじて紅白に出場するが、来年はノーチャンスだとみられている。

「20年はSixTONESとSnow Manがデビューするし、最近はジャニーズWESTもプッシュされつつある。このうちどれかが紅白初出場を果たせば、先輩グループにとってはジャニーズ枠が減るのは必至。そうなったら、Hey!Say!JUMPが消える可能性が高い。20年内に大きな結果を出さないと、なかなか難しい状況になるでしょう」(同)

 このままでは、“第2の嵐”になる未来は果たせそうにないHey!Say!JUMP。本当に平成とともに終わってしまうのか……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/17 10:30
12

Hey!Say!JUMPは令和になって終わった!? 来年結果を出さないと“ヤバすぎる”状況に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

『SUITS/スーツ』低視聴率ながら第3弾実現へ!?

 今年4月から放送されてきた俳優・織田裕二主...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真