スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【1】

“コメディは最後の砦” ポリコレ検閲ばかりで萎縮する言論に喝! レズビアンネタもかます 『デオン・コールの情け無用』

文=Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

Saku Yanagawa

 今回から、「スタンダップコメディの作品を通して見えてくるアメリカの社会」というテーマでコラムを書いていくことになった。

 日本ではスタンダップコメディという芸能に聞き馴染みのない方々もいるかもしれないが、マイク一本でコメディアンが舞台に立ち自身の視点に基づくジョークを言う”表現の芸能”としてこれまで世界中で愛されてきた。とりわけ、社会や政治にもことばで切り込んでいくことが大きな特徴として挙げられる。

 最近では日本からでもNetflixやAmazon Primeなどで多くの作品を観ることができる。このコラムでは毎回1本の作品をご紹介しながら、今まさにアメリカで起こっていることについて深掘りできればと思う。スタンダップコメディを見ることが今の世界を知るひとつの手段と言っても過言ではないだろう。

 さっそく第一回目は、シカゴ出身の黒人コメディアン、デオン・コールの最新作『情け無用(原題はCole Hearted)』(2019)を紹介する。

 今、日本ではポリティカルコレクトネスによる“検閲”が増しているという。そして何より演者自身がその状況の中で自主的に口を閉ざす流れが顕著だと聞く。それは、アメリカ社会も同様でポリコレ遵守の傾向が強くなり、その波はコメディにも押し寄せつつある。差別的な発言はもちろんのこと、際どく切り込んだジョークさえも炎上の原因になり、それに伴い昨今の潮流として「クリーン」なネタをするコメディアンが急増している。以前では考えられなかった歌ネタやフリップ芸をする者まで現れた。

 全米屈指の犯罪率を誇るシカゴのサウスサイドに出自を持つデオン・コールは、黒人の視点から今も確かに残る人種差別や、白人と黒人の格差を笑いに変えてきた。かつてはコナン・オブライエンが司会を務めるトーク番組『コナン』で、ライター(日本でいう構成作家)を務めるなど今全米で人気のスタンダップコメディアンだ。

 本作は6月に南部のノースカロライナ州のシャーロットに位置する劇場でライブ収録されたもの。

 アメリカでは地域によって劇場に集まる客層が大きく異なり、それにより観客の笑いのツボも大きく変わってくる。例えば、日本人にも馴染み深いニューヨークやロサンゼルス、シカゴなどの大都市は比較的リベラルな観客が多い傾向にあり、政権を揶揄するジョークも大きな喝采を生む。特に現トランプ政権に対してはそれが顕著だ。

 一方、南部や中西部の保守層が多い地域では、そのようなジョークが好まれないこともしばしばだ。その意味でも、民主党と共和党への票が拮抗する“スイングステート”であるノースカロライナ州で本作が収録されたことは興味深い。

 実はこの収録の前々日、デオンは慣れ親しんだシカゴのラフファクトリーという劇場でネタの「試し撃ち」公演をしていた。私もたまたまその日、同じ舞台に立っていて、彼が割れんばかりの大きな喝采を浴びる瞬間をこの目で目の当たりにした。

 とはいえ、シカゴと同じ反応が南部でも得られるのかと気を揉んだが、そんな心配は無用だった。ノースカロライナでも熱烈な拍手に迎えられながら登場すると、いきなり白人と黒人の軋轢についての痛快なジョークで超満員の劇場を爆笑に包み込んだ。

12

“コメディは最後の砦” ポリコレ検閲ばかりで萎縮する言論に喝! レズビアンネタもかます 『デオン・コールの情け無用』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

川口春奈抜擢は不幸中の幸い?

  新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラ...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真