日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 新国立こけら落としがグダグダ

嵐の出番が終わると観客も帰路に? 新国立競技場こけら落としイベントが“グダグダ”の大惨事

文=日刊サイゾー

 東京五輪のメイン会場となる新国立競技場が11月30日に完成。12月21日には、6万人超を収容する新スタジアムでオープニングイベントが開催されたが、その内容があまりにグダグダだったと評判だ。

 1度は決まったザハ・ハディド案が白紙化されるなど、紆余曲折を辿った新国立競技場。隈研吾氏設計による新スタジアムのオープニングイベントは、開演18時半、終演21時半と、たっぷり3時間もの時間を取った豪華なものだったが、当日は気温が8度と冷え込み、お寒いイベント内容もあいまって、時間が長く感じられるものだったという。現地でイベントを見た40代男性はいう。

「話題の新国立競技場のこけら落としイベントということでチケットを買いましたが、結果的には“何だかよく分からないイベント”という感想です。オープニングは太鼓芸能集団『鼓童』の演奏に始まり、続いて青森ねぶた祭のほか、東北6県のお祭りが競演しましたが、観客は黙って見ているしかなく、司会の松岡修造が、静まり返ったスタンドに向かって『もっと熱くなれよ!』と絶叫する始末。スペシャルゲストとして招かれた三浦知良のスピーチは感動的でしたが、相手のいないグラウンドで1人ドリブルをする姿は滑稽で、見ているこっちが恥ずかしくなりました。

 目玉の1つは、ウサイン・ボルトが登場するリレーでしたが、メンバーには女子選手や車椅子の選手が含まれているため、チームによって差が開き過ぎて、盛り上がり感はゼロ。アンカーのボルトがバトンを受け取る頃には勝敗は決まっており、ボルトはジョギングに毛が生えたようなスピードで走るだけでした。とにかく“企画倒れ感”が半端なかったですね」(40代男性)

 イベントの模様はTBSでも放送されたが、画面には「ボルトvs桐生&カズ&ドリカム・嵐ライブ」という謎のテロップが登場。幕の内弁当のようなイベントだったことは、そのテロップだけでも明らかだが、そんなイベントのチケットがきっちりさばけたのは、活動休止まで1年あまりとなった嵐の力だ。イベントをチェックした芸能誌記者がいう。

「関係者の間でも『どういうイベントなんだ?』という声が絶えなかったこけら落としですが、嵐ファンにとって国立競技場は聖地。チケットは瞬く間に売れ、ネットでは正価の4倍ほどの価格でやり取りされる例もありました。ただ、会場の大半が嵐ファンだったので、他の出演者は気の毒でしたね。嵐のライブの場面以外は、誰が出てきても、6万人の観客がいるとは思えないぐらい静かでしたし、エンディングはサプライズゲストとして“ゆず”が登場しましたが、嵐の出番が終わると結構な数の観客が帰ってしまったので、盛り上がりは今ひとつでした。TBSの中継も嵐の場面は最後でしたし、結局すべてが“嵐頼み”。これだったらいっそ、嵐のコンサートをやった方がみんな幸せだったんじゃないでしょうか」(芸能誌記者)

 こうなると心配されるのは五輪の開会式。今回のこけら落としは日本向けだったが、世界に向けてグダグダなイベントを披露することがないよう、心から祈りたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/25 17:35

嵐の出番が終わると観客も帰路に? 新国立競技場こけら落としイベントが“グダグダ”の大惨事のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教える自然災害×コロナ回避法

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真