日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > NHKを悩ませる川口春奈の扱い

沢尻エリカがチラつく!? NHKを悩ませる川口春奈の『紅白歌合戦』でのデリケートな扱い

文=日刊サイゾー

川口春奈

 あの人は登場するのか?

 12月27日、NHKは大みそかの『紅白歌合戦』の曲順を発表した。白組の嵐が大トリを務め、紅組はMISIAがトリを務める一方で、今も根強く交渉しているアーティストもいるようだ。

「一人は米津玄師です。彼が作詞作曲したNHK2020ソング『カイト』を嵐が企画コーナーで歌唱する際、何らかのコラボレーションをできないか検討されています。米津は今年の紅白のトップバッターを務めるユニットFoorinをプロデュースし、歌唱曲『パプリカ』も作詞作曲。初出場の菅田将暉の『まちがいさがし』も作詞作曲していますから、出演するのとしないのでは盛り上がり方は全然違う。また、朝ドラ『なつぞら』の主題歌を担当したスピッツのサプライズ出場も浮上しています」(芸能記者)

 そんななか、いまだに定まっていないのが川口春奈の扱いだという。テレビ誌ライターが言う。

「紅白は、大河ドラマのPRをするのも大きな使命。ましてや2019年の『いだてん』は平均視聴率歴代ワーストを記録しているだけに、20年の『麒麟がくる』は絶対に失敗は許されない。主演の長谷川博己と共に番組の顔となるのが、大麻取締法違反容疑で起訴された沢尻エリカの代役を受けた川口で、彼女は全スケジュールを大河のために空けている。当初は長谷川の隣で審査員にするか、紅組の特別応援団とする案が出ていましたが、沢尻スキャンダルを想起させることから出演させないほうがいいとの意見もあり、ギリギリまで協議が続けられています」

『紅白』最大の見所は川口となるかもしれない?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/29 12:00

沢尻エリカがチラつく!? NHKを悩ませる川口春奈の『紅白歌合戦』でのデリケートな扱いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

“第7世代の刺客”DJ松永に熱視線

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真