日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > あのヒロインも沢尻代役だった

川口春奈だけじゃない? あの名作ドラマのヒロインも沢尻エリカの代役だった⁉

沢尻エリカ

 2020年1月スタートNHK大河ドラマ『麒麟がくる』でヒロインを務める予定だった沢尻エリカが合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕されたことを受け、役に9歳年下の川口春奈が起用されることとなった。

「同ドラマは10話分の撮り直しに向けたスケジュールを調整しています。関係者は川口の起用理由について、『24歳と若いが、信長役の染谷将太さんが27歳でバランスは良い。華もあり、知名度もある』と説明していますが、川口は大河ドラマ初出演で時代劇も初挑戦とあって、演技には不安が残ります。大河ドラマの代役といえば、15年に井上真央が主演した『花燃ゆ』で、直前に妊娠した広末涼子に代わって7歳年下の鈴木杏が抜擢されました。彼女も大河初出演でしたが、あまりフィットしていなかった。視聴率も大河のワースト2位という散々な結果に終わっています」(テレビ誌ライター)

 一方、ドラマでは沢尻容疑者の“代役”で選ばれた女優が見事にフィットし、高視聴率となったケースもあったという。

「07年放送の『ガリレオ』(フジテレビ系)は、東野圭吾の人気小説をドラマ化するにあたり、主役の湯川学准教授は福山雅治で決まっていたが、この天才物理学者にからむ新人女刑事を誰にするか難航していました。そこで白羽の矢が立ったのが沢尻でした。しかし、そんな折に『別に』発言が飛び出し、大バッシングを受けることに。ほかにも女刑事というイメージがわかなかった、福山の曲を主題歌で歌うという条件にも合わなかった、といった理由から柴咲コウに交代となったそうです」(テレビ関係者)

 さて、代役・川口は『麒麟がくる』を高視聴率に導けるだろうか。

最終更新:2019/11/26 16:47
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真