日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 小池都知事の次は橋下に戦々恐々

小池百合子都知事、五輪後の電撃辞任が現実味で「次は橋下徹」に都職員は戦々恐々

文=日刊サイゾー

小池百合子都知事

 小池百合子東京都知事は、2019年最後の定例会見となる12月27日、2030年までの政策目標を定めた「長期戦略ビジョン」を発表。出産・子育てや長寿社会対策など20の戦略を打ち出した。

「小池知事らしい”高めの球”は、出生率の『1.57ショック』を意識し、2040年代に出生率を2.07とするビジョンを掲げたことです。バックキャスト、デジタルトランスフォーメーション、アジャイルといった分かりにくい横文字が多いのは相変わらずですが、その他は現職知事らしい地に足のついた、悪く言えば、目新しさのないものが並びました」

 都庁担当記者はそう解説するが、注目すべきはこのビジョンの完成時期だという。

「正式な長期戦略は、東京五輪後に完成させると知事は述べたのです。てっきり20年7月の次期知事選前に、公約として打ち出すのかと思っていました。これは知事再選は“既定路線”というアピールと同時に、その完成をもって、自身の役割を終えるとも取れるのです」

 都庁官僚は、小池氏の再選は固いと見てすり寄る姿勢を見せているが……。

「ひどかったのは12月の定例会。都議会本会議でのやり取りは、1ヵ月ほど前から都幹部と議員で詰めていきます。議員側からすると、自分の質問で知事の前向きな答弁を引き出したい。ところが今回、質問直前になって、役人側から答弁の削除や修正を申し出て来ることが頻繁に起こった。一度議員側の了承を得たものを変更するなど前代未聞。ターゲットは自民党などの都議会野党で、”手柄”を取らせないようにしたわけです。もちろん知事の命を受けてでしょうが、主に動いたのは元副知事の大物特別秘書・村山寛司氏と見られています」(都庁職員)

 もっとも、その点を定例会見で質問された小池知事は「質問と答えというのは自由にやるべきこと」と歯牙にもかけない様子。

「小池氏が議会のなれ合いを批判して知事に当選したことを逆手に取り、16年12月の定例会では、自民党が事前通告なしで40問近くの質問を浴びせ、小池氏を立ち往生させた過去があります。自民党はその仕返しをされたに過ぎませんが、慣例を大切にする役人自ら小池氏に協力したことは、都庁幹部の間でもいぶかしむ声があがっています」(同前)

12

小池百合子都知事、五輪後の電撃辞任が現実味で「次は橋下徹」に都職員は戦々恐々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

“第7世代の刺客”DJ松永に熱視線

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真