日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 小池都知事の次は橋下に戦々恐々

小池百合子都知事、五輪後の電撃辞任が現実味で「次は橋下徹」に都職員は戦々恐々

文=日刊サイゾー

小池氏としても安心して譲ることができる御仁?

 そうした異常なまでのすり寄りぶりは、ある御仁が「ポスト小池」に名がちらついていることと無関係ではないという。

「維新創業者の橋下徹・前大阪市長ですよ」とは前出の記者。

「維新は2人の元都議が19年夏の参院選で議席をとり、東京で政治塾を開催し、地盤を築き始めています。当の橋下氏も政治から離れて4年たっており、そろそろ現場に戻りたい頃でしょう。ただ国会議員をバカにしており、総理が前提でない限り国政進出はありえない。政党の支援なしで知事に当選できるのは、今や彼くらいで、維新の大阪府知事や大阪市長と良好な関係にある小池氏としても、安心して譲ることができる」

 橋下氏は大阪府知事、大阪市長時代、記者の質問が出なくなるまで会見を続けるなど、狂気じみた仕事ぶりで知られた。都職員はこう危惧する。

「小池知事も役人を振り回しましたが、橋下さんはそれ以上でしょう。ようやく小池知事のペースをつかんできたので、どうせならこのまま居座ってほしいと考えているのです」

 では、小池氏はどうするのか。ズバリ、国政復帰だ。

「そもそも飽きっぽい小池氏のことですから、五輪後に電撃辞任すると見られていましたが、今回の長期戦略のスケジュールで現実味を帯びてきました。衆議院解散は2020年のどこかのタイミングで行うと見られており、五輪後となれば、小池氏の衆院出馬は濃厚。その頃、小池氏は68歳。福田康夫氏が72歳で総理の座についたことを考えると、まだ野心は捨て切れないはず。『ポスト安倍』に名乗りを上げるのでは」(前出の記者)

 都知事選、五輪を控えた2020年。都庁職員の気が休まることはなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/31 12:12
12

小池百合子都知事、五輪後の電撃辞任が現実味で「次は橋下徹」に都職員は戦々恐々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

インタビューまとめ

 新年あけましておめでとうございます! ゴシップサイトとして名を馳せる日刊サイゾーで...
写真