日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 日テレ、年間視聴率3冠王を死守

日本テレビ、“ラグビー特需”でテレ朝の猛追交わし、年間視聴率3冠王の座を死守

文=田中七男

日本テレビ

 日本テレビが2019年の年間視聴率(1月1日~12月30日)において、全日帯(午前6時~深夜0時)で7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)、ゴールデン帯(午後7時~10時)で11.6%、プライム帯(同7時~11時)で11.3%を獲得。テレビ朝日の猛追をかわして、6年連続で“視聴率3冠王”の座を死守した。

 18年と比べると、全日帯は横ばい、ゴールデン帯は0.4ポイント減、プライム帯は0.3ポイント減で、まさにジリ貧状態だった。

 一方、ライバルのテレ朝は10月期に入って、人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』『相棒season18』『科捜研の女』や、バラエティ番組『ナニコレ珍百景』『ポツンと一軒家』などが好調でラストスパートをかけた。

 特に12月の月間視聴率は、全日帯7.8%、ゴールデン帯11.9%、プライム帯11.8%で、6年半ぶりの3冠を達成し、追い込みをかけたが、日テレを抜き去ることはできなかった。

 日テレが年間視聴率3冠王の座を守ることができた最大の要因は、ズバリ「ラグビーワールドカップ」の放映権を獲得していたためだった。これがなければ、非常にヤバい状況で、まさに“ラグビー様々”といってもいいだろう。

 初の日本開催となった同大会の地上波での放映権は日テレとNHKが有したが、日本代表の健闘ぶりで視聴率も好調だった。日テレ放送分では、「日本×ロシア」(9月20日)が18.3%をマークしたのは皮切りに、「日本×サモア」(10月5日)は32.8%、「日本×スコットランド」(同13日)は39.2%と驚異的な視聴率を記録。日本戦以外でも、「ニュージーランド×アイルランド」(同19日)が16.5%、「ウェールズ×南アフリカ」(同27日)が19.5%、決勝戦の「イングランド×南アフリカ」(11月2日)が20.5%を獲得するなど、軒並み高い視聴率をマークして、年間視聴率のアップに大いに貢献した。

「ライバルのテレ朝はスポーツ中継に最も力を入れている民放局ですが、『ラグビーワールドカップ』のすぐ後の『フィギュアグランプリシリーズ2019』や『世界野球プレミア12』の放映権を獲得していたため、さすがにラグビーまでやるわけにはいかなかったのでしょう。正直これまでマイナースポーツのイメージが拭えなかったラグビー中継で、サッカーワールドカップの日本戦並みの視聴率をはじき出すとは、当の日テレも予想していなかったんじゃないですかね。テレ朝が12月にラストスパートをかけただけに、日テレは『ラグビーワールドカップ』の高視聴率がなかったら、6年連続3冠王はヤバかったはずです」(テレビ誌記者)

 ラグビーのおかげで3冠王を死守した日テレだが、諸手を挙げて喜んでもいられない。鉄壁を誇っていた日曜ゴールデン帯の『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』は完全に弱体化。5日の『行列3時間スペシャル』は12.2%しか獲れず、レギュラー放送だった『ポツンと』の19.5%に大差をつけられるなど課題は山積み。不振続きのドラマも含め、弱い部分を立て直さないと、今年こそ盟主の座をテレ朝に奪われかねないだろう。

最終更新:2020/01/11 22:00

日本テレビ、“ラグビー特需”でテレ朝の猛追交わし、年間視聴率3冠王の座を死守のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真