日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 辛坊治郎のパワハラ報道に賛否

辛坊治郎のパワハラ報道に世論は真っ二つ「教師が生徒をパワハラで訴えるくらい笑える」の声も

文=日刊サイゾー

BS日テレ公式サイトより

 騒動は拡大するのか、収束に向かうのか……。

 1月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、『深層NEWS』(BS日テレ)の司会進行を務めるフリーアナウンサー・辛坊治郎が、日本テレビの女性社員に対し、“パワハラ事件”を起こし、社内で問題になっていたと報じた。

「記事によれば、『深層NEWS』放送後、帰り間際の辛坊氏を番組の女性プロデューサーが局の玄関口の車寄せのところで呼び止め、次週のラインナップやゲスト情報などを伝えた。その際、意見の相違から口論になった2人はヒートアップ。押し問答の末、辛坊氏は壁に手をつく“壁ドン”の格好で、衆人環視の中、女性プロデューサーに『お前なんかいつでも飛ばせる』などと面罵したのだとか。女性プロデューサーはコンプライアンス担当の部署に訴え、一時、体調を崩して会社を休む事態となったといいます」(週刊誌記者)

 辛坊氏は「パワハラ」について否定。自身は「はらわたが煮えくり返る思い」でいると語っている。

 報道を受け、ネット上ではさまざまな声が飛び交っているが、女性と男性では受け取り方が真っ二つに割れている。女性が多く集まるネット掲示板では、「番組でも偉そうだもんねー」「いかにもって感じで驚かない」「でもこういうのって受けた側がどう感じたかだからねぇ……」と、辛坊氏への批判が殺到した。

 一方、男性からは「プロデューサーって番組トップだぞ」「お互いヒートアップして口論、という時点でパワーバランスとしてハラスメントに該当しないと思うが」「番組でいちばん偉いPを出演者がパワハラって成立しないだろ」「下の者が上を詰めたらパワハラってどう読んでも意味がわからん」「これ教師が生徒をパワハラで訴えるくらい笑える」と、記事に疑問を投げかける人が多く見かけられる。

「番組のバランスを取るために、女性プロデューサーが辛坊氏の意にそぐわない出演者をキャスティングしようとしたようです。しかし、そうした大事な話を玄関でするのもどうかと思いますが、『週刊文春』の取材に対し日テレ広報部は、女性プロデューサーは『代休』との説明をしていることから、今のところパワハラとは認定していないようです」(前出・週刊誌記者)

 2013年に小型ヨットで太平洋横断中にトラブルに遭遇し、ヨットを放棄して海上自衛隊に救出された辛坊氏。今回のトラブルも、誰かに救出してもらえるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/09 21:30

辛坊治郎のパワハラ報道に世論は真っ二つ「教師が生徒をパワハラで訴えるくらい笑える」の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真