日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 木村拓哉に立ちはだかるライバル

香取慎吾だけじゃない!? 木村拓哉の初ソロアルバムに立ちはだかる“強力すぎるライバル”

文=日刊サイゾー

木村拓哉

 自身初のオリジナルアルバム『Go with the Flow』を8日に発売する元SMAPの木村拓哉だが、自らの出演するスペシャル映像が同日、東京・新宿ペペ前広場向かいの街頭ビジョン「新宿ユニカビジョン」で、同日午後3時半から放映されている。

 また同日、同所をはじめとする全国5都市の街頭や全国の主要都市で、アルバム発売を記念したスペシャルタブロイド紙を数量限定で配布するという。

「所属レコード会社はSMAP時代と同じビクターですが、ビクターもジャニーズとキムタクに選んでもらったとあって、必死にプロモーション活動をこなしています」(音楽業界関係者) 

 木村は主演ドラマ『教場』が4日と5日にフジテレビで放送されたこともあり、年始早々、同局の番組で番宣とアルバムのPRをこなしている。

「元日には元SMAPの香取慎吾がオリジナルのソロアルバムを発売。メディアでは“アルバム対決”と煽られているだけに、キムタクにとっては『絶対に負けられない戦い』といっていいでしょう」(同)

 気になる香取のソロアルバム『20200101(ニワニワワイワイ)』だが、13日付の最新オリコン週間アルバムランキング(集計期間2019年12月30日~2020年1月5日)で週間売り上げ2万8,000枚を記録し、1位を獲得。

 驚くほどのヒット作とはならなかったが、木村にとっては、香取よりも強力な“ライバル”が立ちはだかっているというのだ。

「三代目J SOUL BROTHERSの登坂広臣のソロ名義・HIROOMI TOSAKAと中島みゆきがそれぞれオリジナルアルバムが強力です。どちらも固定ファンが付いており、ある程度の売り上げが想定できるだけに、キムタクの苦戦は必至でしょう」(週刊誌記者)

 俳優としては「教場」で評価を上げたキムタクだが、ソロ歌手として順調なスタートを切れるかが気になるところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/09 10:00

香取慎吾だけじゃない!? 木村拓哉の初ソロアルバムに立ちはだかる“強力すぎるライバル”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

櫻井翔、目撃された無防備な姿

今週の注目記事・第1位「櫻井翔(37)『元ミ...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真