“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、『パラサイト』を見てポン・ジュノに殺意が芽生える!?

撮影=おひよ

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、森羅万象を批評する不定期連載。今回取り上げるのは、カンヌ国際映画祭で最高賞に輝き、さらにはアカデミー賞作品賞の有力候補と目されている韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)だ。日本でも大絶賛の嵐が巻き起こっているが、そんななか瓜田は、キムチよりも辛口な批評を展開した!

 今作は監督から「ネタバレ禁止令」が出ているため、ストーリーについては、オフィシャルサイトに掲載されている以下の文章を引用するにとどめたい。

《“半地下住宅”で暮らすキム一家と、“高台の豪邸”で暮らすパク一家。この相反する2つの家族が交差した先に、想像を遥かに超える衝撃の光景が広がっていく――》

 妻同伴で劇場入りした瓜田。映画の序盤では笑い声を上げていたが、中盤以降は静かになり、映画が終わるや否や、エンドロールも見ずに不機嫌な顔で退席してしまった。いったい何が気に入らなかったのか? 決定的なネタバレにならない範疇で語ってもらおう(編注:映画について何も知りたくない人は以下を読まないでください)。

 ✳︎ ✳︎ ✳︎

――いかがでしたか?

瓜田純士(以下、純士) 初めてですよ、映画を見てる最中に殺意が芽生えてきたのは……。この監督は人間をバカにしてんのか? という猛烈な怒りを感じました。

――どこに怒りを感じましたか?

純士 貧乏一家が知恵を絞って、金持ちの家に入り込んでいく。その着想はいいと思うんですよ。浅田次郎原作の『プリズンホテル』みたいな愉快なドタバタ劇なんだろうと思って序盤は楽しんでたんですけど、あまりにも禁じ手を使いすぎるから途中で冷めてしまい、しまいには怒りを覚えました。

 義理だったり人情だったり愛だったりを完全に無視して、最終的に全部めちゃくちゃにしていいっていうんだったら、誰でもなんでも作れると思うんですよ。“映画の仁義”みたいなもんを思い切り破ってる作品じゃないですか、これ。

 貧乏一家全員が、金持ち一家に入り込む理由を作るのって、大変だったと思うんだけど、それにしたって、いとも簡単すぎやしませんか? そこにスリルがまったくない。おまけに義理や人情もないから、共感もできない。金持ち一家に長年尽くしてきたあの人まで、あんな目に遭わせてしまうというのは、映画としてあまりにもお粗末じゃないですか? 「この映画は、最終的な着地点をどうしたいの?」と、見てて心配になってきちゃったんですよ。

――その「先を読めない展開」が好評のようです。

純士 日本でいったらドリフターズのコントって、最後に家が崩れるわ、茶碗は吹っ飛ぶわで、収取がつかなくなってみんなで大騒ぎするじゃないですか。ドリフなら最後にタライが落ちてきて、いかりや長介が「ダメだこりゃ」と言えば終われるけど、映画だとそうはいかない。さて、どうするつもりなのかと思って見てたら、結局『バトル・ロワイヤル』みたいになっちゃった。仁義もへったくれもない、ああいう物語が個人的には大嫌い。ストーリー展開も無理やりすぎるところが多く目につきました。

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真