日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 観月ありさ連続主演も価値なし?

観月ありさ、29年連続で“連ドラ主演”を達成も…疑惑の記録更新に価値なし!?

文=田中七男

観月ありさ

 観月ありさが2月2日に放送開始する連続ドラマ『捜査会議はリビングで おかわり!』(NHK BSプレミアム、日曜午後10時~)で、田辺誠一とダブル主演を務めることがわかった。

これで観月は29年連続33度目の連ドラ主演となり、自身のギネス記録を更新するが、果たして、このレコードに価値はあるのだろうか。

 同作は、2018年7月から9月にオンエアされた『捜査会議はリビングで!』(同)の続編で、千葉県警の刑事部特殊班所属の女刑事・章子(観月)と、夫でミステリー小説家の晶(田辺)が、近所や出先で起こる事件やナゾを、夫婦で解決していく物語。

 かつては、『ナースのお仕事』シリーズ(1996年~02年、フジテレビ系)、『斉藤さん』シリーズ(08年&13年、日本テレビ系)などがヒットした観月だが、主演女優としての地位を誇示できていたのは、平均12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)をマークした、13年4月期『斉藤さん2』まで。

 その後の主演ドラマは、14年1月期『夜のせんせい』(TBS系)が平均6.5%と大爆死すると、15年1月期『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』(テレビ朝日系)は、あまりの低視聴率のため、第5話と第6話(最終回)が、それぞれ2話分を放送する2時間スペシャルとなる異例の処置で“早期終了”させられ、最終的には平均6.4%と2作連続で壮絶爆死している。

 それ以降、地上波ではなかなか主演オファーが届かなくなり、16年はNHK BSプレミアムで9~10月に放送された『隠れ菊』で主演を務め、かろうじて記録を「25年連続」に伸ばした。だが、BSドラマということで、実質的に記録は「24年」でストップしたといっていい。

12

観月ありさ、29年連続で“連ドラ主演”を達成も…疑惑の記録更新に価値なし!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

川口春奈抜擢は不幸中の幸い?

  新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラ...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真