日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > チコちゃんで小沢仁志がキャラ崩壊
『チコちゃん』レビュー

『チコちゃんに叱られる!』でキャラ崩壊に追い込まれる小沢仁志 ”顔面凶器”のスタジオ襲来を求む!

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

水滴の音は「ぽちゃん」ではなく、「ぽ」と「ちゃん」だった

 最後は、「水滴の『ぽちゃん』はなんの音なのか?」。いやはや、難しいネタだ。何しろ、世界中の科学者が100年間、解明できなかった問題といわれている 。

 この難しいテーマを解明したのは、イギリス・ケンブリッジ大学のアガルワル教授。実は、「ぽちゃん」は水滴が水面にぶつかった音ではない。水滴が水面に落ち、重みで水面がへこむ前に 気泡が生まれる。この気泡が水面から離れた瞬間、音が鳴るのだ。それにしても「ぽちゃん」は世界共通で、イギリス人も「pochan」と言うのだろうか?

 このイギリスの論文は、日本の筑波大学が検証しているという。同大で改めて実験を行ってもらい、音声波形データで確認すると、水滴が水面に落ちて0.06秒後に「ぽ」と音が鳴ったことがわかる。これが、気泡が水面から離れた瞬間の音だ。

 でも、まだ「ぽちゃん」の「ちゃん」が残っている。スロー映像で続きを見ると、「ぽ」が鳴った後、再び水滴が生まれ、小さな気泡が水面から離れた約0.2秒後に「ちゃん」と鳴っていた。つまり、あの音は「ぽちゃん」ではなく「ぽ」と「ちゃん」なのだ。

 しかし、筑波大の教授いわく、「ぽ」の後は「ちゃん」じゃなく「ぴっ」と鳴っているらしい。じゃあ、なぜ我々には「ぽちゃん」と聴こえてしまうのだろう? それは、科学者にもまだわからないとのこと。次から次へと、謎は尽きないのだ。

 小沢が、この件について身もふたもないことを口にした。

「それの答えがなんの役に立つねん?」

 筑波大の教授は、こう主張する。

「役に立たないっていうことが大事なんです。いま役に立たないことでも、新しいことがわかれば将来役に立つわけです。いま役に立つものはいま役に立って、将来役には立たない。そういう理屈もあるんです」

 科学の研究に、需要は関係ないということだ。いまの世の中では役立たない研究であっても、いつかどこかで役に立つ。その意気で、科学者や学生には頑張ってほしいと思う。

 あと、今夜放送 『チコちゃんに叱られる!』のゲストは福山雅治である。

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2020/01/24 15:00
123

『チコちゃんに叱られる!』でキャラ崩壊に追い込まれる小沢仁志 ”顔面凶器”のスタジオ襲来を求む!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真