日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > クロちゃん“使われた”だけ?
モンスターアイドルレビュー6

クロちゃんはWACKに“使われた”だけ? 水ダウ「豆柴の大群」につきまとう不安要素

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『水曜日のダウンタウン』公式サイトより

 12月25日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)にて、安田大サーカス・クロちゃんがメンバーを選抜し、新たなアイドルグループをプロデュースする企画「MONSTER IDOL」の最終回が放送された。

豆柴の大群よりもフィーチャーされた脱落者・カエデ

 沖縄合宿の最終日で自ら落とした候補生のカエデを呼び出し、デートをしたクロちゃん。当日に現れたカエデが、またかわいいのだ。なんでこんなにかわいいのに受からないのか? と、あらためて不思議になるほどのルックスである。

 まず、2人はぶどう狩りに行った。ぶどうを1粒手に取ったクロちゃんは「あ~ん」とカエデの口に入れてあげようとする……も、焦らして結局は入れさせないという気持ちの悪いプレイを満喫。その後も「今度は入れるね」と、その言い回しはいちいちスレスレだ。彼が着ているTシャツには「SAFE」という文字がプリントされていたが、行動に関しては完全にOUT。一体、我々はクリスマスに何を見せられているのだろう。

 その後、2人は恋人つなぎにして遊園地を訪れ、観覧車に乗ることにした。カエデは夜の観覧車に乗るのが初めてだそうだ。“初めて”をゲットでき、得意げな笑顔を見せたクロちゃん。「男は最初の男になりたがり、女は最後の女になりたがる」というやつである。

 この日のデートの締めは、おしゃれなカフェでの食事だった。このとき、モンスターアイドルの合宿に懸けたカエデの意気込みを、クロちゃんは初めて知らされた。

「今年20歳で、親に“もう就活しろ”ってすごい言われてて。今回が本当に最後っていう気持ちで、すべてをぶつけようと思ってこのオーディションを受けました」(カエデ)

「自分の彼女にしたいから」という理由でカエデを落としたクロちゃんは、伏し目がちに「俺が落としちゃったんだねぇ……」とうざいことを言い始めた。加えて「俺なんかがプロデューサーなんかしちゃダメだよね」と、全国の視聴者が思っていることを自ら口にし始める。

 カエデの未来を潰したのはクロちゃんだ。なのに、「カエデの未来に乾杯」とサイコパスなことを言いだすから支離滅裂である。さらに「また会ってくれる?」と2度目のデートを申し込み、その図太さはもはや別次元の域に達していた。

 2度目のデートに、クロちゃんはプレゼントを持参してきた。それは、ロケット型のネックレス。中に入っていたのは、ぶどう狩りの時に撮ったクロちゃん&カエデのツーショット写真だった。まだ付き合ってもいないというのに……。

 いや、彼は付き合う気満々でこの日を迎えている。夜景が綺麗なスポットにカエデを連れて行ったクロちゃん。既視感のある場所だ。前企画「モンスターハウス」で莉音と蘭に告白したのも、確かここだった。クロちゃんは懲りずにこのスポットでカエデに交際を申し込もうというのだ。しかし、カエデの返答は「ごめんなさい」。

クロちゃん「だって、違うじゃん! 俺のこと好きって言ってたじゃん」

カエデ「それは、本当にアイドルになりたかったから。私はクロちゃんにプロデュースされるアイドルになりたかっただけで、クロちゃんの彼女になりたかったわけじゃない。クロちゃんにプロデュースされたかったです」

「カエデ……、カエデ! カエデ!?」、ただただ「カエデ」と連呼するクロちゃん。それだけなのに、もう面白い。「待って、おかしいじゃん!」と言ってるクロちゃんのほうがおかしいが、いつものことだ。毎回、振られから取り乱すのがこの人の真骨頂なのだから。外国人ばりのオーバーなアクションも、バックの夜景も、すべてが「モンスターハウス」のデジャヴに思えてくる。「えっ、なんで!?」と逆ギレし、そこから質問攻めを始めるのはモンスターハウスのそれとまったく同じ流れだった。

「就職もしなくていいし、アイドルにもならなくていいから。俺が一生面倒見るから! 俺、結婚まで考えてるから!!」(クロちゃん)

 夢を奪った人間が、さらに「夢をあきらめろ」みたいな告白をしているのは恐怖でしかない。でもカエデの意志は固く、彼女はクロちゃんのアプローチを拒み続けた。すると、クロちゃんはカエデに最後通告をした。

「じゃあさ、ペンダント返してよ!」(クロちゃん)

 いや、そもそも初めからいらないのだけど……。速攻でカエデからペンダントを返されたクロちゃんは、「返すヤツ、あるか~!」とミュージカル調に絶叫した。クロちゃんの“振られ漫談”は絶品である。

 今回の放送は、序盤から「豆柴の大群」のメンバー4人よりもカエデの存在が大々的にフィーチャーされていた。カエデに対する同情の気持ちは募る一方。いま思えば、これはある意味、下準備だった気がする。

 ちなみに、12月24日にクロちゃんはこんなツイートを発信していた。

「バカリズムさんも結婚。メリークリスマスだよね、今日。僕には何か来ないしんか?令和元年なんなのぉー!!」

 SNSを通じ、クリぼっちをアピールしたクロちゃん。放送前日に抜かりのないプロの仕事だったと思う。

123

クロちゃんはWACKに“使われた”だけ? 水ダウ「豆柴の大群」につきまとう不安要素のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真