日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 広末涼子、タクシーただ乗り事件

広末涼子、アイドル時代の葛藤告白で思い出される奇行伝説「タクシーただ乗り150キロ」

広末涼子

 あれは「若気の至り」だった?

 1月25日、広末涼子がトーク番組『サワコの朝』(TBS系)に出演し、人気絶頂だった10代後半の頃を振り返った。

「14歳でデビューし、ポケベルのCMで大ブレイクした広末ですが、高校から大学に進学した頃の異常フィーバーについて、『名前だけが1人歩きしちゃったようなイメージがあって、自分が取り残された感じとプレッシャーがあって悩んだ』と明かしました。彼女は10代からさまざまな映画賞を総なめにしてきましたが、それも『日本の芸能界の矛盾みたいなものを感じて。言い方は悪いですが、芸能界自体を汚れた世界と見てしまった』と、素直に喜べなかったといいます」(テレビ誌ライター)

 そんな広末は芸能界が嫌になり、辞めたいと思うほど追い込まれたという。それが爆発したであろう事件が起きたのは2001年6月、彼女が21歳の時のこと。ベテランの芸能記者が述懐する。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真