日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 広末涼子、タクシーただ乗り事件

広末涼子、アイドル時代の葛藤告白で思い出される奇行伝説「タクシーただ乗り150キロ」

文=日刊サイゾー

広末涼子が路上にへたり込みながら天を指さし絶叫?

「『FRIDAY』(講談社)で報じられた『タクシーただ乗り150キロ』の奇行は鮮烈でした。彼女は当時交際していた金子賢と港区のクラブで遊び倒した後、渋谷区の自宅に帰るや5分で再び外出。タクシーを拾って2時間半後、到着したのは千葉県白浜市の『白浜フラワーパーク』だった。走行距離150キロで乗車賃は4万円ほどだったが、広末は金を持っていなかった。結局、食堂にいた夫婦に借りて事なきを得ましたが、路上にへたり込みながら天を指さし、何かを叫んでいるような『FRIDAY』の写真は今も忘れられません(笑)。ちなみに、この場所は当時、広末が出演していたドラマのロケ地。悪天候でロケはとっくに中止が決定していたのですが、誰もいなかったことに腹を立てた広末はその場にいたファンのテレフォンカードで局に猛抗議。持っていたラジカセで音楽を流して大声で歌い、その後は食堂にいた男性ファンの車に乗って帰路についています」

 年末の番組では、長男から「ママって本当に有名なの?」と聞かれ、ムキになって子どもたちの知らない昔の話をしたりするという広末。そうであれば当然、この夜の出来事も話しているのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/28 22:00
12
関連キーワード

広末涼子、アイドル時代の葛藤告白で思い出される奇行伝説「タクシーただ乗り150キロ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真