日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ICONIQがエイベックス退社の謎

沢尻エリカ初公判のウラで、元ICONIQがエイベックスを“ひっそり退社”の謎

文=日刊サイゾー

伊藤ゆみ

 女優の沢尻エリカ被告の初公判が行われた1月31日。そのウラでひっそり流れたのが、エイベックス所属の歌手で女優の伊藤ゆみの退社だった。

伊藤は2002年に韓国を拠点とするアイドルグループ・Sugarの一員としてデビューし、解散後は、韓国でソロアーティストとして活動。2009年に「ICONIQ」名義で日本再デビューし、16年にICONIQから旧芸名「伊藤ゆみ」と戻して、再始動した。昨年3月には韓国の事務所BONBOとエージェント契約を結んでいた。

 伊藤は自身のブログで「私、伊藤ゆみは2020年1月末日を持ちましてエイベックスマネジメント株式会社から卒業させていただく事を決意致しました」と報告。

「これまで私を支えて下さったスタッフの皆様、各関係者の皆様、そして、どんな時でもいつも温かいお気持ちで応援して下さっていたファンの方々へ、心から感謝の気持ちで一杯です」と感謝した上で「まだまだ未熟者な私ですが、感謝してもしきれないほどの愛を下さった皆様に御恩返しできるように、今後は活動の場を広げこれまで以上に全力を尽くし努力して参りたいと思いますので、温かく見守って頂けたらうれしいです。頑張ります」と記している。

 今後は前出BONBOとともに、再び韓国をマーケットに活動していくものとみられる。一方で業界ではこんな話も……。

12

沢尻エリカ初公判のウラで、元ICONIQがエイベックスを“ひっそり退社”の謎のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真