日刊サイゾー トップ > 芸能  > Koki,工藤静香と共演NGか

Koki,が工藤静香との母娘共演を全力拒否!?「ICONIQの二の舞いには……」

Kōki,(@kokiofficial_0205) ・ Instagramより

 木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,が、母娘共演を断固拒否しているという。23日発売の「女性自身」(光文社)によれば、その理由は“タレントのイメージが付くから”だといい、テレビ局が母娘共演に200万円ものギャラを提示した際にも出演を断ったという。

「Koki,は、木村から『トップになれ』との助言を受け、シンディ・クロフォードやナオミ・キャンベルのような世界的トップモデルを目指しているのだとか。昨年5月のデビュー以降、オファーが殺到しながらもテレビ出演を拒み続けているのも、余計なイメージを付けたくないからだといいます。とはいえ、下積みゼロで『ブルガリ』や『シャネル』といったのアンバサダーを務められたのは、明らかに親の七光によるもの。Koki,が実績の伴わない派手な仕事をすればするほど、見る者に親の顔をちらつかせます」(芸能記者)

 Koki,といえば、23日発売の女性向けファッション誌「ViVi」(講談社)の表紙を単独で飾ることが発表されると、同誌の読者から批判が殺到。この号は7年に渡り専属モデルを務めてきた河北麻友子の卒業記念号。当然、読者は河北が表紙を務めるものと思っており、Koki,のゴリ押しぶりにうんざりしてしまったようだ。

 また今月14日には、「Happy birthday mum」というメッセージとともに工藤とのツーショット写真を公開。しかし、工藤の鼻がなくなるほどの強いライティングや、作りこまれたわざとらしいシチュエーションに、ネット上では「これを美しいと思っているなんて、美的センスを疑う」「ナルシスト親子」などとネガティブな声が相次いだ。

「現状のKoki,は、2009年にエイベックスから丸坊主歌姫としてデビューしたものの、“ゴリ押し”の代名詞となり人気が伴わなかったICONIQ(現・伊藤ゆみ)を見ているよう。とはいえ、ファッション業界では広告の仕事さえゲットしてしまえば“勝ち組”という考え方がありますから、日本で地道にファンを増やすことは端から考えていないのかもしれません」(同)

 デビューと同時に7社のCM契約を発表したICONIQと重ねられることも少なくないKoki,。今後、憧れのシンディ・クロフォードのように多くの支持を集めることは叶うだろうか?

最終更新:2019/06/24 19:13
こんな記事も読まれています

Koki,が工藤静香との母娘共演を全力拒否!?「ICONIQの二の舞いには……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

瓜田純士復帰戦、衝撃の結末!

『瓜田純士に勝ったら10万円』というサイゾー協賛の格闘技イベントが4月28日、「THE ...
写真