日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 木村拓哉、大物との“コラボ路線”か

ソロの売れ行き不振で決意!? 木村拓哉、今後は積極的にビッグネームと“コラボ路線”か

文=日刊サイゾー

木村拓哉

 木村拓哉が3日、都内でゲスト声優を務める『映画ドラえもん のび太の新恐竜』(3月6日公開)の公開アフレコを行ったことを、各メディアが報じた。

 報道をまとめると、木村が演じるのは物語の重要なキャラクターである謎の男・ジル役。公開アフレコではジャイアンやスネ夫と絡むシーンなどを披露したが、人生初の公開アフレコとあって、「みなさん(報道陣)に向いてやったので恥ずかしいし、緊張した」と苦笑したという。

 また、ドラえもんがゲストとして登場。しずかちゃんから預かった質問として初恋がいつか聞かれると、「のび太と同じくらいの年齢で、相手は同級生」と照れ笑い。「のび太はしずかちゃんに思いを伝えている。僕は相手に思いを伝えなかったので、のび太のほうが上」とのび太のおとこ気を絶賛したという。

「キムタクといえば妻の名前は工藤静香。それにかけた質問はさすがに嫌だったのか、囲み取材はありませんでした」(ワイドショー関係者)

12

ソロの売れ行き不振で決意!? 木村拓哉、今後は積極的にビッグネームと“コラボ路線”かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真