日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > ジャニーズ  > 木村拓哉、大物との“コラボ路線”か

ソロの売れ行き不振で決意!? 木村拓哉、今後は積極的にビッグネームと“コラボ路線”か

文=日刊サイゾー

ドラえもん、マクドナルド…キムタクのコラボ相手にある共通点が?

 2016年いっぱいでSMAPを解散してソロになった木村だが、ゲスト声優としての映画は初めてで、しかもその作品は今年50周年を迎えた国民的人気アニメ『ドラえもん』。また、今年に入ってからは世界的ファストフードチェーンの「マクドナルド」のCMに出演。ビッグネームとの仕事が続く木村だが、それには理由があるという。

「1月8日に発売した初のソロアルバムが15万枚ほどしか売れなかった。音楽不況のさなか、この数字は及第点といえますが、所属するジャニーズとしては不満が残る。国民的グループ・SMAPのメンバーだっただけに、もっと売り上げが伸びると計算していた。今後、ソロ歌手として売れるには幅広い世代の支持が必要だと悟ったようで、老若男女に知れ渡っているビッグネームとの仕事を積極的に入れています」(広告代理店関係者) 

 キムタクの俳優・歌手の両立はこれからが正念場のようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/04 21:00
12

ソロの売れ行き不振で決意!? 木村拓哉、今後は積極的にビッグネームと“コラボ路線”かのページです。日刊サイゾーエンタメ最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

WBC、日本優勝!舞台裏の珍プレー

WBCで日本が優勝!選手たちの交流やメディアの舞台裏をレポート
写真
特集

Da-iCE・工藤大輝が語る宇多田ヒカル

 1998年末に15歳の若さでデビューし、翌年1stアルバム『First Love』を700万枚以上売り上げるという前代未聞のマイルストーンを打ち...…
写真
人気連載

今川義元は氏真の子育てに失敗したのか?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

「#ミツキご飯」が話題のモデル、椎名美月のおもてなしの極意

 アップカミングなあの人をサイゾーがピックアップしてインタビューする連載「あぷ噛む」。第2回は、モデルの椎名美月にインタビュー。手料理をインスタ(...…
写真