日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 鈴木亜美、臨月も違う場所に注目

目頭が…!? 鈴木亜美、臨月に突入を報告するも違うところに注目集まり騒然

文=日刊サイゾー

インスタグラム:鈴木亜美(@amiamisuzuki)より

 歌手の鈴木亜美が3日、自身のインスタグラムで臨月に入ったことを報告し、注目を集めている。

 鈴木はこの日、「臨月に入りました!お腹の張りも頻繁にあり、前駆陣痛も感じるようになりました!あっという間の10ヶ月、体調も良く、気持ちも穏やかに過ごせました。長男の育児のおかげで、だいぶ体力もついたんだなぁと実感しています!!あとは、ベビーのタイミングで待つのみ 楽しみだな」と現在の心境を明かし、大きなおなかを披露した。

 この投稿に対して、インスタグラム上には「あみママ頑張れ」「残りのマタニティ生活を楽しんで、元気な赤ちゃんを」「出産頑張ってください」などの応援コメントが多数寄せられている。

 しかし、その一方で、ネット上では「目頭切開しすぎじゃない?」「目が怖すぎる…裂けそう」など、鈴木の目頭が気になるという声も飛び交っていた。大きくなったお腹よりも、不自然な目頭に注目が集まってしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/05 07:30
関連キーワード

目頭が…!? 鈴木亜美、臨月に突入を報告するも違うところに注目集まり騒然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真