日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 天海祐希ドラマ数字急落で暗礁?

米倉涼子が高笑い!? 天海祐希『トップナイフ』視聴率急落で、日テレへの“乗り換え”が暗礁に

文=田中七男

天海祐希

 “高視聴率女優”天海祐希が主演する日本テレビ系連続ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(土曜午後10時~)の雲行きが怪しくなってきた。

 初回は13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で好発進し、第2話は12.4%、第3話は12.9%と好調をキープしていたが、1日の第4話では10.6%と急降下してしまったのだ。

「天海の主演ドラマとあって、注目度も高く、それが序盤の高視聴率につながったのでしょうが、第4話にして、早くも飽きられた感があります。1話完結のドラマですので、視聴者としては、毎週欠かさず見る必要もない。また、お堅いはずの医療ドラマであるにもかかわらず、エンディングでは天海のダンスのシーンがあるのですが、新垣結衣が主演して大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年10月期、TBS系)の“二番煎じ”感が強くて、不評ですね」(テレビ誌記者)

『トップナイフ』は、超一流の技術と誇りをもちながらも、どこか不器用でいびつな医師たちの神の技術と人間の苦悩、葛藤を描いた物語。天海は、東都総合病院の脳神経外科医で脳動脈瘤のスペシャリスト、バツイチの女医・深山瑤子役を演じている。

 脚本は、『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』『医龍-Team Medical Dragon-』(いずれもフジテレビ系)などを手掛け、医療ドラマでも実績十分な林宏司氏が担当しており、日テレの『トップナイフ』に懸ける“本気度”がうかがえる。

12

米倉涼子が高笑い!? 天海祐希『トップナイフ』視聴率急落で、日テレへの“乗り換え”が暗礁にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

のん『星屑の町』で見せた実力

 地に足を着けて生きていくことができない人々...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真