日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > アリスが天海祐希に弟子入り?

広瀬アリスが天海祐希に弟子入り? 業界内から「最も使い勝手がいい」と評価が急上昇

文=日刊サイゾー

フォスター公式サイトより

 高視聴率の陰の立役者と言えるかもしれない。

 1月18日、天海祐希主演のドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系)第2話が放送され、平均視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回の13.0%から0.6ポイントダウンしたものの好調をキープし、今期6本が乱立した医療ドラマの“本命”に躍り出た。

 中でも評価が高いのが、脳神経外科の専門研修医役を演じている広瀬アリスだ。

「CMにも多数出演、 1月31日には映画『AI崩壊』も控えているアリスは、いま業界内で“最も使い勝手がいい女優”と言われています。医療ドラマはとかく重くなりがちですが、『トップナイフ』は笑える場面も多く、そのほとんどに彼女が絡んでいる。若年層も取り込めているのはアリスの存在によるところが大きいですよ」(テレビ誌ライター)

 そんなアリスは、撮影中は天海にべったりだという。ドラマ関係者が明かす。

「休憩中は天海のそばから離れず、食やファッションの話で盛り上がっています。また、天海から役者の姿勢を学ぼうと質問攻めしているそう。アリスは雑誌のインタビューなどで、憧れの先輩女優として米倉涼子、篠原涼子、天海祐希を挙げている。とりわけ米倉には撮影本番前に緊張で震えていたところ、声をかけてもらったことで演じることができたと語っています。今作では天海に弟子入り。女優としてさらに飛躍していきそうです」

 最近の番組では広瀬すずが主演したNHK連続テレビ小説『なつぞら』は観ていなかったと語ったアリス。もう“広瀬すずの姉”とは言わせない構えだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/21 21:00

広瀬アリスが天海祐希に弟子入り? 業界内から「最も使い勝手がいい」と評価が急上昇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真