日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 沢尻エリカ、単なるポーズか

業界内でも賛否!? 沢尻エリカ、「女優復帰は考えていない」は単なるポーズか

文=日刊サイゾー

沢尻エリカ

 麻薬取締法違反の罪を問われていた女優の沢尻エリカに対し6日、東京地裁は懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。

 沢尻は閉廷後、ファンや関係者に向けての直筆コメントを発表。「ご迷惑をお掛けしてしまいましたことを心から深くお詫び申し上げます(中略)全力で更生に向けて努力することが自分のできる唯一の償いと考えています」などと心境をつづった。

 現在も治療のため入院中の沢尻だが、初公判の場で「女優復帰は考えていない」といい、退院後まずは社会復帰を目指すという。所属事務所のエイベックスも「本人と話し合いを重ねて真摯に対応する」と表明しており、今のところ芸能活動に戻る見込みがない、という体を貫き通している。

 芸能プロダクション関係者は「NHKの大河ドラマに穴をあけたのは間違いない事実で、億単位の違約金が発生した。エイベックスからはその返済を少しでも本人にさせたい思いが見え隠れしている」と指摘する。しかし、芸能界を“エリカ様”としてワガママ放題に生きてきた沢尻には、「業界内に敵が多すぎる」(前出・関係者)ようだ。

12

業界内でも賛否!? 沢尻エリカ、「女優復帰は考えていない」は単なるポーズかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真