日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ピエール瀧の復帰が沢尻の追い風

芸能界ルールは完全無視!? ピエール瀧の早すぎる“俳優復帰”が沢尻エリカの追い風に

文=日刊サイゾー

 コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた、テクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧が、映画『ゾッキ』(来年公開予定)の撮影に参加して芸能活動に復帰することが3日、明らかになった。

 同作は、竹中直人、山田孝之、斎藤工の俳優3人が監督を務め、3日、ロケが行われる愛知県蒲郡市で3人が出席して製作発表会見が行われた。製作側は、出演者は今年秋に発表予定として、瀧の出演について明らかにしなかったというが、今月中に撮影に入り、瀧の出演シーンの撮影は今月末にも行われるという。

「瀧は昨年6月に有罪判決(懲役1年6月、執行猶予3年)が確定。このところの芸能界の流れを見ると、薬物で有罪判決を受けた場合、執行猶予期間が明けるまで表舞台からは遠ざかるのが暗黙のルール。そのため、ネット上では昨年3月の逮捕からわずか11カ月で復帰が報じられた瀧に対して批判の声が殺到。逮捕による損害賠償などで経済的な苦境が報じられたこともあったが、出演した昨年8月にNetflixで配信されたドラマ『全裸監督』のヒットによる高額ギャラで息をつないだ模様。同作に主演した山田の熱烈なオファーで復帰が決まったようです」(映画業界関係者)

 そして、このことが追い風になりそうなのが、自宅で合成麻薬MDMAやLSDを所持していたとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優・沢尻エリカ被告だという。

12

芸能界ルールは完全無視!? ピエール瀧の早すぎる“俳優復帰”が沢尻エリカの追い風にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

最新作も配信作も!話題の映画特集

最新の映画から、ちょっとマニアックな作品、配信系作品まで
写真
人気連載

“箱の中身”が組み直すいくつかの関係

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真