日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ピエール瀧の復帰が沢尻の追い風

芸能界ルールは完全無視!? ピエール瀧の早すぎる“俳優復帰”が沢尻エリカの追い風に

文=日刊サイゾー

 コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた、テクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧が、映画『ゾッキ』(来年公開予定)の撮影に参加して芸能活動に復帰することが3日、明らかになった。

 同作は、竹中直人、山田孝之、斎藤工の俳優3人が監督を務め、3日、ロケが行われる愛知県蒲郡市で3人が出席して製作発表会見が行われた。製作側は、出演者は今年秋に発表予定として、瀧の出演について明らかにしなかったというが、今月中に撮影に入り、瀧の出演シーンの撮影は今月末にも行われるという。

「瀧は昨年6月に有罪判決(懲役1年6月、執行猶予3年)が確定。このところの芸能界の流れを見ると、薬物で有罪判決を受けた場合、執行猶予期間が明けるまで表舞台からは遠ざかるのが暗黙のルール。そのため、ネット上では昨年3月の逮捕からわずか11カ月で復帰が報じられた瀧に対して批判の声が殺到。逮捕による損害賠償などで経済的な苦境が報じられたこともあったが、出演した昨年8月にNetflixで配信されたドラマ『全裸監督』のヒットによる高額ギャラで息をつないだ模様。同作に主演した山田の熱烈なオファーで復帰が決まったようです」(映画業界関係者)

 そして、このことが追い風になりそうなのが、自宅で合成麻薬MDMAやLSDを所持していたとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優・沢尻エリカ被告だという。

12

芸能界ルールは完全無視!? ピエール瀧の早すぎる“俳優復帰”が沢尻エリカの追い風にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真