日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 芸人同士のカップル4組の結末

にゃんこスターが破局! 上手く行かなかった芸人同士のカップル4組の悲喜こもごも

文=日刊サイゾー

にゃんこスター

 相方同士で交際中だった、スーパー3助とアンゴラ村長のお笑いコンビ・にゃんこスターが、破局していたことが明らかになった。2月4日にNEWSポストセブンが報じると、翌日に公式YouTubeチャンネルに2人揃って登場、破局を認めるとともに、お笑いコンビとしての活動は継続することを報告した。

「過去にも恋人同士や夫婦でコンビを組むケースはありますが、そう簡単ではないと言われています。古くは、京唄子と鳳啓助が漫才コンビ『唄子・啓助』を結成し、その後結婚しましたが、後に離婚したうえでコンビを継続しました。また、おしどり夫婦と呼ばれている林家ペー・パー子は正式な“お笑いコンビ”ではないんですが、私生活の関係はかなり冷めきっていて、ビジネスパートナー的な関係になっているとも言われています」(お笑い業界関係者)

 コンビではなくても、友近&なだぎ武、Wエンジンのチャンカワイとアジアンの馬場園梓など、芸人同士のカップルは破局を迎えるケースが多い。

「芸人同士だと、少なからずライバル関係になってしまうことも多い。ネタは面白くても、私生活はそうでもないパターンだったりすると、そこで冷めてしまうこともある。芸に惚れて交際が始まったけど、その人となりはそうでもなかった……ということが多いのかもしれません。芸人さんはこだわりが強いタイプも多いので、同業者に対して厳しくなりがちだということも、芸人カップルが上手く行かない理由でしょう」(同)

12

にゃんこスターが破局! 上手く行かなかった芸人同士のカップル4組の悲喜こもごものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

千鳥・大吾とテレビの中のパンティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真