日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > にゃんこスター、ついに解散か

にゃんこスター・アンゴラ村長の“Vチューバー”進出はコンビ解散への布石?

文=平田宏利

にゃんこスター・アンゴラ村長のVチューバー進出はコンビ解散への布石?の画像1
アンゴラ村長のTwitter(@pupumumumu)より

 にゃんこスターのアンゴラ村長の“Vチューバー”転身が報じられている。「NEWSポストセブン」が報じたもので、基本的に本人が登場するYouTuberと異なり、アバターと呼ばれるバーチャルなキャラクターが登場し、声を当てる動画となる。

 にゃんこスターといえば、『キングオブコント2017』(TBS系)において、“なわとびネタ”で準優勝を果たし、さらにアンゴラ村長と相方のスーパー3助がカップルであることも話題となった。だが、トーク力の弱さなどからテレビから消えて久しい。昨年末には『中居くん決めて!』(同)において、破局を匂わすネタを話すなど、迷走気味である。ここへきてのアンゴラ村長の「Vチューバー」転身には、どのような背景があるのだろうか?

「やはり、ソロ活動を念頭に置いているのかもしれません。にゃんこスターは現状ではリズムネタしかありませんし、このネタのインパクトが強すぎるため、新たなネタを作り出すことは難しい。それならばと、ネット動画に活路を求めてもおかしくはありません。ヒロシなどテレビから消えた芸人がYouTuberで活動している例は珍しくありませんし、最近ではキングコングの梶原雄太がカジサックとして活動しています。流行りモノに乗ったともいえるでしょう」(芸能関係者)

 さらに、アンゴラ村長と「Vチューバー」には親和性もあるとの見方もある。

「にゃんこスターの2人に共通するのはアドリブ力のなさですね。とっさのフリに対応できないようでは、ひな壇芸人としてテレビで生き残るのは難しい。その点、『Vチューバー』ならば、アフレコで声を当てていけばいいので、表現の幅が広がります。アンゴラ村長のようなタイプの芸人向きの仕事もいえますね」(同)

 こちらの仕事が軌道に乗った場合、コンビ解散とカップル破局を迎える可能性も十分ありそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/02/16 06:00

にゃんこスター・アンゴラ村長の“Vチューバー”進出はコンビ解散への布石?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真