日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 新感染症を甘く見ていた安倍政権

国立感染症研究所の予算が大幅に削減されていた!? 予算配分でも新感染症を甘く見ていた安倍政権

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

イメージ画像/出典:Hamatti

 中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる新型肺炎は全世界に拡大し、連日、トップニースとなっている。

 そんな中、国内で新型肺炎の拡大防止に重要な役割を担っている国立感染症研究所(NIID)の予算が大幅に削減されていたことが明らかになり、話題を呼んでいる。

 2003年のSARSコロナウイルス、15年のMERSコロナウイルスを上回るスピードで拡大を続ける新型コロナウイルスによる新型肺炎は、1月31日にはWHO(世界保健機関)が緊急事態宣言を出すなど世界的な拡大を見せ、マスクが品不足となり薬局の店頭から姿を消すなど、日本人の生活にも影響を与えている。

 国内では、この新型コロナウイルス対策の専門機関となるのがNIIDだ。同所は感染症を制圧し、国民の保健医療の向上を図る予防医学の立場から、広く感染症に関する研究を先導的・独創的かつ総合的に行い、国の保健医療行政の科学的根拠を明らかにし、支援することを目的に設立された。同所は1月10日、特設サイトを設けさまざまな対応を開始しており、1月末には、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの分離に成功。感染機構や病原性を解析し、ウイルス検査法・抗ウイルス薬・ワクチンなどの開発を進めている。

 ところが、このNIIDが安倍政権の合理化計画の推進により、人員減、予算減が行われていたことが明らかになった。

12

国立感染症研究所の予算が大幅に削減されていた!? 予算配分でも新感染症を甘く見ていた安倍政権のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

最新作も配信作も!話題の映画特集

最新の映画から、ちょっとマニアックな作品、配信系作品まで
写真
人気連載

“箱の中身”が組み直すいくつかの関係

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真