日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 家政夫のミタゾノの新ヒロイン

剛力彩芽の再登板はNGか!? TOKIO・松岡昌宏『家政夫のミタゾノ』、新ヒロイン決定の舞台裏

文=田中七男

剛力彩芽

 TOKIO・松岡昌宏が主演する人気ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)の第4シリーズが、従来と同じ「金曜ナイトドラマ」枠(金曜午後11時15分~)で4月期にオンエアされることがわかった。

 相棒を務めるのは、“続投”になるHey! Say! JUMP・伊野尾慧と、新任の飯豊まりえだ。

 同ドラマは、完ぺきな家事のスキルをもつ女装した大柄な家政夫・三田園薫(松岡)が、派遣された家庭、家族の内情を覗き見し、その秘密をネタにその家を崩壊させ、そこに巣食う“根深い汚れ”を一掃していく、ブラックユーモア満載のストーリー。

 2016年10月期に第1シリーズが放送され、同時間帯では高視聴率となる7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマーク。18年4月期の第2シリーズでは6.73%、昨年4月期の第3シリーズでは6.65%と好調をキープ。テレ朝としては、深夜帯ながら、待望の第4シリーズのオンエアとなる。

 同作では、松岡とタッグを組む家政婦(家政夫)役が常に注目を集め、第1シリーズでは清水富美加(千眼美子)、第2シリーズでは剛力彩芽、第3シリーズでは伊野尾と川栄李奈が務めた。

「松岡と同じジャニーズ事務所の伊野尾の続投は当然として、川栄は産休中。清水は幸福の科学に出家したとあって、相棒役には2代目の剛力に白羽の矢が立ってもよさそうなものですが、そんな話はまったく出なかったようで、川栄と同じ事務所(エイベックス・マネジメント)の飯豊に決まりました。剛力はテレ朝のドラマで何度も主演、ヒロインを務めて、過去の実績は十分ですが、もはや需要もなく、事務所(オスカープロモーション)からのプッシュもないようです」(テレビ制作関係者)

12

剛力彩芽の再登板はNGか!? TOKIO・松岡昌宏『家政夫のミタゾノ』、新ヒロイン決定の舞台裏のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

「2.5次元」に魅了される男たち

 イケメン俳優たちが演じる、アニメ・マンガやゲームを原作にした舞台やミュージカルが隆...
写真