日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 新型コロナの“トンデモ対策”

海老蔵もとんだ赤っ恥!? チェーンメールで拡散する新型コロナの“トンデモ対策”

文=日刊サイゾー

市川海老蔵

「知り合いの医師からです。コロナウイルス対応として参考にしてください」

 新型コロナウイルスの感染予防対策として根拠のない情報が書かれ、他者に転送を促す「チェーンメール」がSNSなどで拡散されている。

 実際に送られてきた人によると、冒頭のような出だしに続き、「新型肺炎ウイルスを研究するために武漢へ転勤になった甥」からの情報として、「コロナウイルス肺炎は鼻水を伴わない乾いた咳である」「ウイルスは耐熱性はなく、26~27度の温度で殺せる」「運動すると、ウイルスに感染することはありません」「高熱がある場合は、体を温めて、生姜スープを飲んで体の熱エネルギーを増やすことで、ワクチン接種はしなくてもよい」「ウイルスは太陽にさらされると完全に消える」といった対処法が記されていたという。

「そもそも27度でウイルスを殺せるなら、36度の人間の体内に入ってなぜ死滅しないのか。『運動をすると感染しない』という情報をうのみにして、仕事後にジムに向かった知人がいたのですが、千葉県内で同じスポーツクラブを利用していた3人の感染が発表されている。ちょっと考えれば、デマだとわかりそうなものですが……」(週刊誌記者)

12

海老蔵もとんだ赤っ恥!? チェーンメールで拡散する新型コロナの“トンデモ対策”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

志村けん、プライベートの素顔

 昭和のテレビ界を席巻したザ・ドリフターズの...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

 俳優が売れるか売れないかは、大きな事務所に所属しているかどうか次第。長い間、ずっと...
写真