日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 沢村一樹『絶対零度』爆死で後悔

仕事の選択を誤った!? 沢村一樹、『絶対零度』爆死危機で“あのオファー”に歯ぎしり

文=日刊サイゾー

沢村一樹

 視聴率が低迷することは未然に防げなかった?

 沢村一樹が主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の第8話が2月24日に放送され、平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となった。

『絶対零度』シリーズは、シーズン1とシーズン2は上戸彩が主演。シーズン3からは主演が沢村に代わり、「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)のメンバーが危険人物を割り出し、“未来の犯罪”を予測して事件を解決するストーリーとなっている。

「上戸時代は全話平均視聴率が14.4%、13.1%とそれぞれ高視聴率をマーク。対して、沢村主演のシーズン3は10.6%と2桁をキープしたものの、今回のシーズン4はこのままいけば2桁を維持するのは難しそうな雲行きです。沢村は大ヒットした昨年10月期のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)で好演、次回作に注目が集まっていました。今回結果を出せれば、俳優としての格がワンランク上がったでしょうから、この結果には本人や周囲は悔しがっているでしょうね」(テレビ誌ライター)

 そんな沢村には、『絶対零度』の他に、実はもう一つの主演ドラマのオファーがあったという。テレビ関係者が明かす。

12

仕事の選択を誤った!? 沢村一樹、『絶対零度』爆死危機で“あのオファー”に歯ぎしりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

AI投資はまだまだ危ない!

 以前から、国は銀行預金より投資を勧めていま...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

 関西ではすでに和牛やアキナと並び、抜群の人気を誇るアインシュタイン。そして現在、ボ...
写真