日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 宮迫、大物俳優からも見放された

もはや興味なし!? 宮迫博之、親交深い“あの大物俳優”からも見放され四面楚歌に

文=日刊サイゾー

宮迫博之公式ブログより

 1月末にYouTuberデビューを果たしたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之。2月末までにチャンネル登録者の数は60万人を突破したが、活動は順調とはいえないようだ。

「最初の方こそ、表舞台に出てきたのが久しぶりだったので再生回数は伸びに伸びていた。しかし、このところの傾向を見ると、ヒカルら人気YouTuberとコラボした動画は伸びているが、宮迫単独の動画だと数字は寂しいかぎり。世間の宮迫に対する関心が薄れているのは明らかです」(週刊誌記者)

 宮迫と同じ闇営業問題で謹慎していたお笑いコンビ・ロンドンブール1号2号の田村亮は、すでに芸能活動を再開。さらに、昨年納税問題で活動休止に追い込まれたチュートリアル・徳井義実も活動再開が発表されたが、宮迫のみがアナウンスもないまま、YouTuberに転身してしまった。

「宮迫は“見切り発車”だったことで、吉本興業の上層部は完全にあきれ果ててしまっている。さらに、“後見人”である明石家さんまも苦言を呈するほどで、宮迫は内心穏やかではないはず。相方の蛍原も『YouTuberデビューよりコンビに戻る方が先だろ』と憤慨。宮迫は孤立を深めてしまっています」(テレビ局関係者)

 そんな中、ある大物俳優が宮迫に“救いの手”を差し伸べるだろうと予想されていたが、こちらも進展はなさそうだという。

12

もはや興味なし!? 宮迫博之、親交深い“あの大物俳優”からも見放され四面楚歌にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

安倍首相はコロナ制御できるのか

今週の注目記事・新型コロナウイルス肺炎関連の...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真