日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 松本発言は宮迫への最後通告か

宮迫博之に最後通告か!? 松本人志『ワイドナショー』発言の“深刻度”に関係者も騒然

文=日刊サイゾー

ダウンタウン・松本人志

 先月末に自らのYouTubeチャンネルで謝罪とコンビ活動再開熱望を明かした、雨上がり決死隊の宮迫博之について、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が言及した。

 2日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でこの件を取り上げた松本は、事前に宮迫から連絡が来た際、「ちょっとどうなの?」と苦言を呈したことを明かし、「もうちょっとおとなしくしていたほうがいい」と画面を通して忠告した。

 お笑い関係者は「今まで散々、松本さんの世話になった宮迫が最終的に、事情はどうあれ忠告を無視した形ですからね。芸人にとって、最も恐れるのは自分やコンビの存在を忘れ去られること。だけど、今回の番組内容はいわば“最後通告”のレベルだと思う」と手厳しい。

 別のテレビ局関係者も「大崎洋会長をはじめ、吉本興業幹部と対等に話せる松本さんというのは世間でもかなり認知されている。裏返せば吉本幹部の“スポークスマン”的な部分も担っている。そこがかなり厳しいことを言いだしているのなら、これはかなり重みがある。宮迫は覚悟したほうがいい。今回のワイドナ発言で、『そこまで松本さんを怒らせているのか』と、テレビ業界の関係者は騒然となっています」と証言する。

12

宮迫博之に最後通告か!? 松本人志『ワイドナショー』発言の“深刻度”に関係者も騒然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真