日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 一場を自己破産させたスルガ銀行

プロ野球・元楽天の一場投手を自己破産に追い込んだ“スルガ銀行のえげつなさ”

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:acworks

 楽天やヤクルトで活躍した元プロ野球選手の一場靖弘が、2月28日放送の『爆報!THE フライデー』(TBS系)で、2019年に自己破産していたことを告白。驚きの金銭事情が話題になっている。

 桐生第一高校時代から好投手として知られ、明治大学時代には球速154kmを記録した一場。ドラフト1位指名間違いなしだった彼のつまずきの第一歩が、いわゆる「栄養費問題」だ。週刊誌のスポーツ担当記者がいう。

「当時、ドラフトの目玉だった一場には巨人や阪神、横浜などが接触しましたが、スカウトが食事代などと称して彼にお金を渡していたことが発覚しました。この事件では、巨人の渡邉恒雄オーナーや明治大学の監督が辞任するなど大騒ぎになり、一時はプロ入りが危ぶまれましたが、誕生したばかりの楽天に自由獲得枠で入団し。なんとかプロ入りしました」(スポーツ担当記者)

 大騒ぎの上にプロ野球界に入ったものの、プロでは実働7年で16勝と、寂しい結果に終わった一場。番組で告白した自己破産に至るプロセスは、にわかには信じがたいものだった。大の野球ファンのメガバンク行員がいう。

12

プロ野球・元楽天の一場投手を自己破産に追い込んだ“スルガ銀行のえげつなさ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

安倍首相、東京五輪決行の動機

今週の注目記事・第1位「三浦春馬の絶望」(『...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真