日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐、新型コロナで活動休止延期も

まさかの先延ばしも!? 嵐、新型コロナ禍で“活動休止の時期”についてジャニーズ内部で協議か

文=日刊サイゾー

 新型コロナウィルスの感染拡大により、芸能界ではコンサートやイベントの延期や休演が相次ぎ、数百億円規模の甚大な被害が及んでいる。

 ここに来て政府による感染拡大防止のためのイベント自粛要請もなされ、それでもコンサートを強行した椎名林檎の東京事変や「劇場閉鎖は演劇の死」との意見書を発表した劇作家で演出家・野田秀樹氏の行動に対し、賛否さまざまな意見が吹き荒れている。

「林檎さんや野田さんの思いもわからなくはないですが、世間は小中高校を休校にしてまで感染拡大を防ごうとしていて、大手芸能事務所や大手レコード会社を中心に芸能界も政府の要請に協力しようとしているわけですから、“KY”と言われても仕方がないでしょう。まして林檎さんは東京五輪の演出監督も務める立場なわけですし、もう少し空気を読んで自制した方がいいんじゃないですかね」(某芸能事務所マネジャー)

 その一方、新型コロナウィルスのさらなる感染拡大を受けて、林檎や野田氏以上に業界内で注目を集めているのが、あの人気グループの動向だという。

12

まさかの先延ばしも!? 嵐、新型コロナ禍で“活動休止の時期”についてジャニーズ内部で協議かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

ラバーガールに疑問を直撃!

生みの苦しみ、腰の重さ、それでも単独をやる理由 ――8月26日から28日にかけて、2...
写真