日刊サイゾー トップ > スポーツ  > コロナ騒動、非常事態の楽しみ方

新型コロナウイルス騒動で無観客に…そんな非常事態の野球・競馬・相撲の楽しみ方とは?

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 新型コロナウイルス騒動で、スポーツイベントの無観客開催が相次いでいる。プロ野球、大相撲、競馬に続き、4日には春の選抜高校野球も無観客での開催が決定。競技場から観客の歓声が消えるのは寂しい限りだが、こんなことはめったになく、楽しまなくては損だ。週刊誌のプロ野球担当記者は、無観客試合を見て多くの発見があったという。

「普段は応援でかき消されていますが、ベンチからあんなに声が出ていることを、恥ずかしながら初めて知りました。日曜日の巨人対ヤクルト戦はテレビ中継されましたが、常に『ウェ~イ』『ヘ~イ』といった声が聞こえ、『ナイスボール』『ナイスバッティング』という掛け声や、『○○しろよ』といった野手同士の守備位置の確認の声もうっすら聞こえました。

 ホームランを打った時の打球音は“まさにプロ野球”という爽快感がありますし、捕手のキャッチングの音があれほど響くのには驚きました。『スパーン』とキレイな音をさせて球を受けるのは捕手の大事な技術。良い音がすれば、投手も気持ちよく投げることができるからです。甲子園のホームラン記録を塗り替えて広島に入った中村奨成が、ブルペンで投手の球をキャッチャーミットの芯で取ることができず、先輩捕手に指導されていたのを思い出しました」(プロ野球担当記者)

 鳴り物やメガホンによる応援はプロ野球の華だが、なければないなりに楽しめるということか。3月8日からスタートする大相撲春場所も無観客が決定しているが、これを「楽しみ」と語るのは、40年来の相撲ファンの男性だ。

「相撲というと、『太った力士がモタモタと戦っている』というイメージを持つ方もいるようですが、実際には流血も珍しくない“格闘技”です。張り手が思い切り炸裂して、顔が真っ赤になることもありますし、“かち上げ”がヒットして失神する力士もいます。無観客で特に注目したいのは立ち合いです。力士同士の頭がモロにぶつかる鈍い音を聞けば、彼らの本気度がわかるはず。あまりのガチンコぶりに引いてしまう人もいるかもしれません」

12

新型コロナウイルス騒動で無観客に…そんな非常事態の野球・競馬・相撲の楽しみ方とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真