日刊サイゾー トップ > スポーツ  > コロナ騒動、非常事態の楽しみ方

新型コロナウイルス騒動で無観客に…そんな非常事態の野球・競馬・相撲の楽しみ方とは?

文=日刊サイゾー

競馬の無観客開催ではシュールな光景が?

 一方、シュールな光景が繰り広げられたのは、競馬の無観客開催だ。競馬場に入れないのはもちろん、場外馬券場での馬券販売や払い戻しも中止。無人の競馬場を競走馬が走るさまに、「馬は調教だと思って走っているんじゃないか」という声も聞かれたが、予想にも影響は出てくる。週刊誌のギャンブル担当ライターはいう。

「入れ込む馬は、無観客だと冷静に走れますから、買いの要素が出てきます。また、馬は歓声に驚くこともありますから、スタートに課題がある馬は、不安要素が1つ消えるでしょう。一方では、歓声に押されて馬力を出せる馬もいますから、『調教タイムが悪くても本番は走る』というような馬は“消し”でしょう。先週末に行われたレースに関しては、堅くまとまるレースが目に付きました。観客がいないと不確定要素が減り、実力通りに決まるという傾向はありました」

 恐らくこんな機会はなかなかないはず。「生で見られない」と嘆くよりも、「非常時を楽しんでみる」のが正解ではなかろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/06 12:00
12

新型コロナウイルス騒動で無観客に…そんな非常事態の野球・競馬・相撲の楽しみ方とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

地域クリニックが医療崩壊の危機

 芸能だけではなく、医療分野でも長年取材を続...…
写真
インタビュー

永尾まりや、続・グラビア宣言

 元AKB48で現在は女優、タレントなど多方面で活躍している永尾まりやさん。とりわけ...
写真