日刊サイゾー トップ > 芸能  > 三上悠亜らAV女優にコロナ特需

三上悠亜、高橋しょう子らAV女優にコロナ特需! 中国人向けオンラインカジノで荒稼ぎ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

フィリピンでディーラーを務めた三上悠亜(マネジャーのTwitterより)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本ではイベントの中止が相次いでいるが、それはAV業界とて例外ではない。そうした中、海外で荒稼ぎしているAV女優もいるようだ。

 台湾メディア「CTWANT」(3月2日付)によると、三上悠亜、高橋しょう子、さらには現役を退いている明日花キララ、上原亜衣が、フィリピンのイベントに参加していたことがわかった。オンラインポーカーゲーム「POKERKING(撲克王)」のディーラーを務めたのだ。 

 彼女たちは、自身のTwitterでその模様を投稿。画像を見てみると、胸の谷間を強調した黒のセクシードレスに身を包み、ポーカーテーブルの前に座ってほほえんでいる。プレイをしたネット民によると、カードをめくる際には横に通訳がつき、ユーザーとコミュニケーションを図っていたという。多くの参加者はAV女優たちに目がいってしまい、卓上の変化に集中できずに負けてしまったようだ。

「撲克王」を運営しているのは、香港証券取引所に上場しているSuncity Group(太陽城集団)とAG Group(亜遊集団)で、いずれもマカオでカジノを運営している。ホームページを見てみると、マカオや香港で使用されている繁体字ではなく、中国本土で使用されている簡体字で表記されている。つまり、中国本土の人間がターゲットなのだ。同ゲームは賭博であることから、中国ではアプリのダウンロードを禁止されるなど問題視されているが、拠点がフィリピンにあるため、中国からの影響を受けることなく運営されている。

 武漢市を擁する湖北省をはじめ、中国各地では現在も都市封鎖や外出制限が続けられており、オンラインゲームなどの巣ごもり消費が活発になっている。中国人をターゲットとするオンラインカジノも、同様だろう。

 日本でもトップクラスのAV女優をフィリピンに呼んでディーラーをさせるとなると、相当のギャラが発生するようだ。中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は話す。

「ディーラーとして出演する彼女たちは、固定の出演料ほかに、プレイヤーが使った金額の何パーセントかの出来高報酬も受け取っているはず。人気AV女優ともなれば、数日で数千万円の報酬を手にすることも可能でしょう」

 彼女たちにとっては、新型コロナの感染拡大は絶好の好機となったようだ。

最終更新:2020/03/09 16:00

三上悠亜、高橋しょう子らAV女優にコロナ特需! 中国人向けオンラインカジノで荒稼ぎのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『わたしの星』がU-NEXTで配信!

 殺人的な暑さが続いていますが皆さんはお元気...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真