日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 明日花キララ、AV引退で熱視線

第2の飯島愛になれる!? 明日花キララ、“AV女優”引退宣言でバラエティ界隈から熱視線

文=日刊サイゾー

明日花キララ

 AV女優の明日花キララが4日、自身のTwitterでAV業界からの卒業を発表した。気になる今後の活動は、同日付で芸能事務所のトップランクマネージメントに移籍し、芸能活動を中心に行うという。

「明日花は10年もの間、AV業界でトップクラスの人気を誇ってきましたが、2年前からAV女優を休業していました。近年はモデルや商品プロデュースなど、非セクシー分野で活動していて、AV引退のタイミングを見計らっていたところもあったので、今回の発表自体にサプライズはありませんでしたね」(スポーツ紙記者)

 特に、昨年は初のスタイルブック『neo nude…』(主婦の友社)を出版したり、美容クリニック「TOKYO ACE CLINIC」のプロデュースをするなど話題を集めていた。これらは女性を対象にしており、明日花のような男性の欲望と向き合うAV女優の副業としては、極めて異例である。

「現在の明日花の人気は、女性に支えられているんです。SNSのフォロワー数はインスタが210万人、ツイッターが150万人ですが、相当数が女性だったりします。メイクやファッションなど明日花のビジュアルが女性たちの注目を集めている。整形疑惑がよく取り沙汰されますが、美容クリニックによる『美容整形でなりたい芸能人・有名人顔ランキング』の1位に輝いたこともあり、今の明日花は女性にとって憧れの存在です」(前出・記者) 

 そんな女性人気を当て込んで、さまざまな企業から商品プロデュースの仕事が舞い込んで来るといいう。

「従来ですと、イメージを大切にする企業はAV女優の肩書きなんて嫌がるものですが、それだけ明日花の人気が凄いということですよ」(同)

 とはいえ、AV女優のままでは、スポンサーの意向が強く働く地上波テレビのゴールデンやプライム帯への出演はおぼつかない。何せAV女優という肩書きすら、“セクシー女優”などと言い換えられるぐらい規制が強い。明日花としてはキャリアをステップアップさせるためにも、“AV卒業”は避けられなかったわけである。

12

第2の飯島愛になれる!? 明日花キララ、“AV女優”引退宣言でバラエティ界隈から熱視線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真