日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 忽那汐里、ゴリ押しなかったワケ

なぜ独立!? 忽那汐里、「オスカー3人娘」で唯一“ゴリ押し”されなかったワケとは?

文=日刊サイゾー

忽那汐里

「オスカー3人娘」で忽那汐里だけが“推されなかった”理由とは?
 
 女優の忽那汐里が大手芸能事務所・オスカープロモーションを昨年12月で退社していたことがわかった。「文春オンライン」が報じている。

 忽那は2006年、オスカー主催の「全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞して芸能界入り。翌年『3年B組金八先生』(TBS系)で女優デビューした。

 その後、忽那は剛力彩芽、武井咲と“オスカー3人娘”を形成。08年にポッキーのイメージキャラクター「ポッキープリンセス」に抜擢され、11年には大ヒットドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)に主要キャストで出演した。女優として順風満帆に見えた彼女にいったい何があったのか。

「文春オンライン」では、忽那はもともとハリウッド志向が強く、海外に活躍の場を求めていたと指摘。「本格的にハリウッドで活躍するために(オスカーから)離れていったと聞いています」という関係者の証言を掲載している。

 加えて、剛力、武井に比べると、同社の“ゴリ推し”が弱かったことも理由に挙げられる。元オスカー社員によると、同社は古賀誠一社長が一代で築き上げたオーナー企業で、良くも悪くもすべての物事は古賀氏の一存で決まるという。

「古賀氏はお気に入りの女優には必ず、歌を歌わせました。上戸彩や剛力彩芽がそうであるように、忽那にも一時期、歌手デビューを持ち掛けていました。ところが、彼女の答えは『NO』。女優1本でやっていくという気構えがあったので、歌手デビューの話には聞く耳持たずでしたね。以来、古賀氏の口から『忽那』の名前が出る回数は激減しました」

12

なぜ独立!? 忽那汐里、「オスカー3人娘」で唯一“ゴリ押し”されなかったワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真