日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 売れない芸人にも税務調査はくる
さんきゅう倉田の貨「へぇ~!」のはなし【9】

あなたは「税務調査」大丈夫!? 売れない芸人のアルバイトにも調査はくる!

さんきゅう倉田

 確定申告が終わると、税務調査の時期になります。ぼくのような芸人やタレントは、いつ税務調査の連絡が来ても良いように、きちんと帳簿をつけて領収証や請求書を保管しています。

 たまに「どんな場合に税務調査があるんですか」「どのくらいの収入があると税務調査があるんですか」――そういう質問を受けることがあります。国税局OBの人が書いた書籍やブログによると、売り上げが伸びた、経費が多すぎる、タレコミがあった、そのような場合は、税務調査の確率が高まるそうです。

売れない芸人にも税務調査がやってきた!

 そもそも、芸人の9割が確定申告をしていないみたいな状態なんですが、「税金が還付になるらしい」と聞いた芸人たちは、互いに情報を共有して、確定申告をしています。還付だし、売り上げも多くないし、アルバイトばかりしているので、まさか、そんな自分に税務調査があるなんて、夢にも思っていません。

 それどころか、税務調査という言葉すら知らない人がほとんど。言葉を知らないということは、彼らには税務調査という概念が存在しないということになります。概念がないのに、急に税務署から連絡が来て、「税務調査をします」と言われた芸人は、どういう気持なのでしょうか。

 ぼくの直接の知り合いではないのですが、税務調査を受けた売れない芸人がいます。

 税務署から連絡を受け、とてつもなく困惑して動悸が収まらず、知り合いの税理士に相談しました。たまたま、昔のバイト先の後輩に、税理士がいたのです。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed