日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > なでしこ、再び冬の時代に

なでしこジャパン、再び冬の時代に? 新型コロナ禍の中行われた国際親善試合で3連敗

文=TV Journal編集部

JFA公式サイトより

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、Jリーグをはじめその他スポーツの大会が軒並み延期・中止となっている中、実はサッカー女子日本代表は親善試合を行っていた。アメリカで行われたシービリーブス杯に出場していたのだ。 

 本来であれば話題になってもよさそうだが、なぜトピックスに上がらなかったのか?

「冬の時代が続いたサッカー女子日本代表ですが、2004年から勝利を重ね、なでしこジャパンとして世間からも認知されるようになりました。ですが、佐々木則夫前監督からバトンを受け継いだ高倉麻子監督のチームは2019年の女子W杯フランス大会でベスト16に終わり、世間の関心も薄れ始めた。そんな中迎えた今大会はボロボロで、メディアとしても、取り上げようにも、取り上げられないのが現状です。」(サッカーライター)

 今大会の初戦は、東京五輪の出場を逃したスペイン。にもかかわらず、先制点を奪われる。前半で追いついたものの、後半に入ってからもパスミスから失点してしまう。その後もピンチを招くが、スペインのミスに助けられ、徐々に盛り返しを見せた。が、攻めに出たところでカウンターに沈み、1-3でまさかの敗戦を喫してしまう。 

 先発を6人入れ替えて臨んだイングランド戦では、立ち上がりからアグレッシブに試合に入った。しかし、終了間際にまたもやミスから失点し、0-1での敗戦となる。

 東京五輪での最大のライバルとなるアメリカを迎えた最終節は、本番さながらに守備的な選手を投入して臨んだものの、軽率なファウルから与えたくなかった先制点を奪われてしまう。さらに、ミスから失点し、狙っていたゲームプランとは真逆の展開で前半を折り返すことに。

 岩渕真奈を投入した後半は、攻撃にリズムが生まれる。その岩渕が得点を奪い、反撃ののろしを上げたものの、試合を通して厳しいプレッシャーに対応しきれず、なかなかゴール前に進入できない時間帯が続いた。すると、お家芸になりつつある終盤の失点を三戦目でも喫し、1-3で3連敗となってしまった。

 大会を通じてミスからの失点が目立ち、攻守両面での形が定まっていないようにも見えるが、高倉ジャパンで東京五輪は大丈夫なのだろうか?

「守備がベースの佐々木前監督とは違い、高倉監督はボールを保持することで失点を防ぎ、さらに連動した攻撃で得点を狙う王者のチーム作りをしています。実際に昨年末に行われたEAFF E-1 サッカー選手権2019決勝大会で、なでしこジャパンは無失点で優勝するなど、結果は残しました。ただ、気になるのは、今大会のようにミスが続いた時に、それを立て直せる選手がピッチにいないこと。引退した澤穂希氏のような存在ですね。なでしこジャパンは、リオ五輪予選でもミスが続き、本大会に出場できませんでした。高倉監督の手腕よりも気になるのは、チームの精神的支柱となる選手が出てくるかどうかです」

 キャプテンの熊谷紗希が精神的支柱となるのか、はたまたベテラン選手をメンバーに入れるのか? もしくは高倉監督がフィリップ・トルシエのような鬼軍曹となり、選手たちを外からコントロールするのか? その答えを見つけなければ、なでしこジャパンは再び冬の時代に突入してしまうだろう。

TV Journal編集部

TV Journal編集部

チームや選手、コアサポに媚びず、サッカーをエンタティンメントの視点からブッダ斬ります。

サイト:TV Journal

最終更新:2020/03/16 14:08

なでしこジャパン、再び冬の時代に? 新型コロナ禍の中行われた国際親善試合で3連敗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真