日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 五輪中止で小池都知事の不出馬も

新型コロナで五輪中止が現実味、「都政に興味なし」小池都知事がまさかの不出馬も

文=日刊サイゾー

小池百合子都知事

「私自身(3月)26日には福島を訪れて、聖火リレーでスタートに立ち会わせていただきたいと考えています」

 安倍晋三首相は14日の記者会見でそう述べ、新型コロナ感染拡大による東京五輪(7月24日開幕)への影響を火消ししてみせた。

 延期の現実味を帯びたのは、10日の米ウォールストリートジャーナル紙インタビューで、五輪組織委員会理事の高橋治之氏が「1、2年延期するのが現実的」「2年後の延期が容易」などと言及してから。

「電通出身の高橋氏は、1984年のロサンゼルス五輪から日本のスポーツビジネスを牽引してきた御仁。とりわけFIFA(国際サッカー連盟)にはずっぷりと食い込んでおり、この発言は関係者への根回しが済んだものと勘繰られています」(五輪担当記者)

 もっとも、組織委の森喜朗会長は「高橋さんに電話したら『申し訳ない。口が滑ってしまった』と言っていた。計画を変えることは考えていない」と即座に否定。森氏は安倍氏とも連携し、”強行開催”へ向かっているわけだ。

 だが、昨年11月のマラソン・競歩会場の急転直下の変更でわかる通り、IOC(国際オリンピック委員会)の意向は絶対。日本政府がどう意気込もうが、関係ないことだ。担当記者が解説する。

「IOCのバッハ会長は『WHO(世界保健機構)の助言に従う』と中止を視野にいれた発言をし始めています。2年延期すると22年2月の北京冬季五輪の後ということになり、そのまた2年後にはパリ五輪があるわけで、開催の機運は高まらない。『開催都市契約』には『本大会が2020年中に開催されない場合』にIOCは中止する権利があると明記されていますから、延期より中止の可能性が高い。その有無は5月には発表されるでしょう」

12

新型コロナで五輪中止が現実味、「都政に興味なし」小池都知事がまさかの不出馬ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真