日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 辛坊治郎「パワハラ降板」

辛坊治郎が恨み節!? BS日テレ「パワハラ降板」の意趣返しで“あの局”に電撃移籍か

文=日刊サイゾー

BS日テレ公式サイトより

 フリーのニュースキャスター・辛坊治郎氏が、自身が司会を務める『深層NEWS』(BS日テレ)を3月いっぱいで降板することがわかった。

 辛坊氏といえば、今年1月発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、同番組の「総合デスク」である女性へのパワハラ疑惑が浮上。放送終了後、局の通用口で口論になり、“壁ドン”で「お前なんかいつでも飛ばせる」と恫喝したと報じられていた。

「報道を受けて、世間は辛坊氏が番組キャスターという権力を発動させ、気に入らない局員を飛ばそうとしたような印象を持ちました。そんな中、3月16日の『FRIDAYデジタル』が現場に居合わせた人物の証言を掲載。それによると、口論は五分五分で、辛坊氏はデスクに『きみ、上祐みたいだな』とオウム真理教広報だった上祐史浩氏に例えたことはあったものの、大声を出したり、壁ドンをした事実はなかったそう。恫喝の文言も『ダメだと思うなら僕を切ればいい』という言い回しだったと語っています」(週刊誌記者)

 それでも日テレは報道直後には、辛坊氏の降板を決定している。テレビ関係者が語る。

「事実であろうがなかろうが、視聴率がアップしていようが、今後そうした目で見られることになるのは間違いない。BSの視聴者層というのは、とかくコンプライアンス意識の高い人が多いこともあり、日テレとしては信頼を取り戻すことを優先したのでしょう」

 辛坊氏は14日に出演したラジオ番組で番組降板について触れ、「突然クビにしやがって」「視聴率3倍だぞ、この野郎! 視聴率3倍でクビって聞いたことないぞ」と笑いながら訴えているが、余裕を感じさせていたのにはワケがあるという。

12

辛坊治郎が恨み節!? BS日テレ「パワハラ降板」の意趣返しで“あの局”に電撃移籍かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真