日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > コネは懲りた?伝説の女子アナ

野村萬斎の長女採用のTBSにかつて「コネは懲りた」と言わせた伝説的な“あの現役女子アナ”

文=日刊サイゾー

野村萬斎

 狂言師の野村萬斎の長女・野村彩也子が、TBSの女子アナとして採用されていたことが判明。女子アナの“一般人枠”がどんどん狭まる傾向に歯止めが利かなくなっている。

 今春TBSに入社した野村彩也子は、慶應義塾大学の環境情報学部出身。在学中にはミス慶應SFCコンテストでグランプリに輝いたほか、父と共にKUMONのCMにも出演した経験の持ち主だ。女子アナウォッチャーがいう。

「近年の女子アナ採用のキーワードは、“元タレント“と”二世“です。元タレントで例を挙げれば、市來玲奈(日本テレビ)と斎藤ちはる(テレビ朝日)はいずれも元・乃木坂46ですし、過去をたどれば紺野あさ美(テレビ東京)、平井理央(フジテレビ)は元アイドル。このほか岩田絵里奈(日テレ)、宮澤智、内田嶺衣奈、久慈暁子(いずれもフジ)なども、女子アナになる前にタレント活動をしていました。

 一方、二世も多く、高橋真麻や永島優美(いずれもフジ)はいずれも著名人の娘です。野村萬斎の娘は、この条件を両方満たしていますから、女子アナ採用のトレンドにしっかり乗ったものといえるでしょう」(同)

 女子アナは採用倍率が1,000倍以上にも達する憧れの職業だが、大事なのはコネということ。ただ、野村彩也子を採用したTBSは、過去にコネで痛い経験をしたことがあるという。キー局関係者は言う。

12

野村萬斎の長女採用のTBSにかつて「コネは懲りた」と言わせた伝説的な“あの現役女子アナ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

れいわ新選組の躍進の謎に迫る

 7月に行われた参議院選では、与党側が選挙前の147から141へと議席を減らした一方、...
写真