日刊サイゾー トップ  > 狂気の下ネタファンタジー
じゃまおくんの「WEB漫クエスト」

かもめんたる・岩崎う大が描く、狂気の下ネタファンタジー『マイデリケートゾーン』

マイデリケートゾーン』(エブリスタ/小学館クリエイティブ)

 狂った世界観のマンガというのはこれまでにも数多く見てきたという自負がありますが、今回ご紹介する『マイデリケートゾーン』は、ここ最近ではちょっと類を見ないほどに狂気を感じる作品です。

「キングオブコント2013」で優勝した、かもめんたる・岩崎う大さんの短編集なのですが、まるで、己の脳裏によぎってしまったとびっきりド変態な妄想をマンガでそのまま具現化してしまったような世界観で、まさしくマイデリケートゾーン。

 確かにコント的な部分も感じさせるのですが、観客がドン引きすること確実なため、実際のコントでは絶対にやっちゃいけないシロモノです。そういう意味で、取り扱いがデリケートなマンガともいえます。

 芸人さんのマンガといえば、マシンガンズ・滝沢秀一さんの『ゴミ清掃員の日常』(講談社)という作品も話題になりました。こちらは芸人だけでは生計を立てられないため、副業でゴミ清掃員を始めた滝沢さんが、知られざる「ゴミ清掃員」の世界について教えてくれる、いろいろと勉強になるエッセイマンガでした。

 一方で『マイデリケートゾーン』はベースにド下ネタがあり、それをコント師ならではのぶっ飛んだ世界観……ある意味、ファンタジーとも呼べる、常人が思いもつかない発想で味付けされた作品が並びます。

秘宝館で働く青年とピュア女性の恋?「イクオの秘密」

(C)岩崎う大/エブリスタ

 例えば「イクオの秘密」という作品は、とある温泉街の秘宝館で働いている青年イクオの物語です。秘宝館を舞台にしている時点で、下ネタへの布石をビシバシ感じるわけですが……。

 イクオは秘宝館のマスコットで、ちょっとわいせつなビジュアルのナガクビガメ「チンポウくん」の存在がきっかけで、近所でカフェを始めた不思議な女性・ゆかりさんと出会います。

(C)岩崎う大/エブリスタ

 下ネタがまったくダメなピュア100%なゆかりさんですが、カメの世話をしたり秘宝館を見学したりしていくうちに、次第にイクオと親密になっていきます。

(C)岩崎う大/エブリスタ

「この人こそオレが長年…待ち望んでいた女だ ついに出会えた」

 イクオのこの意味深なセリフ。設定こそちょっと変でしたが、ここからほんのりと恋愛っぽい展開を期待しますよね? そう、それが普通のマンガであれば。

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真