日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > じゃまおくんのWEB漫クエスト  > 『マトリズム』で学ぶヤク中事情
じゃまおくんの「WEB漫クエスト」

現在進行形ドラッグ漫画『マトリズム』で学ぶ、ヤク中の最新事情

文=じゃまおくん

マトリズム』(日本文芸社)

 みなさん、あけましておめでとうございます。昨年は芸能界の薬物汚染の深刻さを象徴するような大物の逮捕が相次ぎましたね。大物ミュージシャンP、元ジャニーズのT、元うたのおにいさんS、5度目の逮捕となったコメディアンT、そして今年の大河ドラマに出演予定だった大物女優Sまでもが逮捕されたのは記憶に新しいところ。今年も、芸能界を騒然とさせるような逮捕劇はあるのでしょうか?

 さて、今回ご紹介するのは、麻薬取締官(通称マトリ)をテーマとしたマンガ『マトリズム』です。「バカリズム」「ギタリズム」「ポリリズム」などに通じるポップな響きと遊び心を感じさせるタイトルが目を引きますが、内容はというと、日常に潜む薬物の恐ろしさを実に淡々と描いています。連載中作品という強みを生かし、現在進行形で最新の薬物中毒のトレンドが描かれているのが特徴。麻薬をテーマとした漫画って、短期連載モノや単発の実録モノが多いため、『マトリズム』のようにリアルタイム性のある作品は、ありそうで意外とないんです。

(c)日本文芸社/鈴木マサカズ

 こんな感じで、大物女優の息子が覚せい剤使用で5度目の逮捕とか、リアルで起こりそうな事件をネタにしています。

 作者は鈴木マサカズ先生。押川剛氏原作の『「子供を殺してください」という親たち』(コミックバンチ)なども手掛けられておりますが、生気をなくした人間、正気を失った人間、死んだ目をした人間の描写がすごく特徴的で、麻薬中毒者が大量に出てくる本作のテーマと画風がピッタリ合っています。

(c)日本文芸社/鈴木マサカズ

 本作の主人公は気性の激しい金髪男・草壁圭五郎(画像右)。そして、草壁とは対照的で、常に冷静沈着で何を考えているかよくわからない冴貴(さえき)健一(左)。このクセのありすぎるマトリのコンビを中心に、ストーリーが進行します。

(c)日本文芸社/鈴木マサカズ

 草壁は、態度の悪い容疑者がいると、すぐ手が出てしまうマトリの問題児。それもそのはず、草壁は麻薬の過剰摂取で妹を亡くしており、人一倍麻薬を憎んでいる男なのです。一方で、その草壁をいさめる役どころなのが冴貴。いさめるどころか、冷静な口調で草壁を挑発して、さらに怒らせることもしばしばで、こちらもかなりくせ者のキャラクターです。

(c)日本文芸社/鈴木マサカズ

 冴貴も内に秘める麻薬への憎悪のようなものを感じさせますが、まだ詳細なバックグラウンドは明かされておらず、謎の多いキャラクターです。

 本作のテーマになっているのが「誰もがみんな、“あちら側”に墜ちる可能性がある」というフレーズ。テレビの向こうのひとごとのようで、実は一歩間違うと明日は我が身となりかねない怖さが、ケース別に描かれているのが特徴です。

1234

現在進行形ドラッグ漫画『マトリズム』で学ぶ、ヤク中の最新事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真